販売されていた冷凍イカは豚の腸だったのか?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Food company to sue duo over ‘fake news’ purporting squid rings made from pig intestines

 

出典:

Food company to sue duo over ‘fake news’ purporting squid rings made from pig intestines | Malay Mail
KUALA LUMPUR, March 10 — A company recently accused of selling pig intestines posing as frozen squid rings has reportedly decided to take legal action against i...

 

記事の超簡単要約:

2022年3月10日記事によると

『2名の容疑者は、Shen Hua Resources食品会社が販売している冷凍イカは、

イカではなく豚の腸だと偽の情報をソーシャルメディアに拡散しました。

食品会社は、偽の情報を拡散した2名の容疑者を訴えると述べました。』

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

豚の腸とイカの食感は、確かににていますが、

豚の腸をイカと偽って販売することに、

かなり無理があるのではないでしょうか?

 

もし本当に、豚の腸を使ってイカとして販売したら

それはそれで、凄い加工技術ですね!

 

まとめ:

20年前以上の話ですが、私は弁当屋でアルバイトをした経験があります。

弁当屋での私の仕事の担当は、主に惣菜の仕込みでした。

大量の食材を洗ったり、切ったり、焼いたり、煮たりするのが仕事でした。

 

その仕事の1つに、鮭弁当の上にのせる鮭に色をつける仕事がありました。

実はこの鮭は、得体の知れない魚だったのです。

得体の知れない魚の色は、白っぽく、

私は魚を焼く前に鮭の色に似た液体に魚を漬け込んでいました。

そして得体の知れない魚が、鮭色になってから、

オーブンに入れて焼き上げると色も味も鮭に生まれ変わるのです!

 

そしてこの得体の知れない魚は、鮭弁当として売られていました。

現在は、この弁当屋は営業していませんが、

立派な食品偽装です。

私は、学生だったので、特に悪いとも思わずに

偽鮭弁当を作っていましたが、今考えるとぞっとします。

 

しかしあの『なぞの鮭色の液体』は、何だったのでしょう?

漬け込むだけで、色も味も鮭となる魔法の液体です。

あの液体を、堂々と商品化すれば、一儲けできるかもしれません!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント