巨大ワニが住民を襲う!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Man dies in horror crocodile attack while crossing river in Sabah

Witnesses claimed the victim was dragged underwater by the crocodile when he was crossing the river on a wooden bridge where the water level had risen.

 

出典:

Man dies in horror crocodile attack while crossing river in Sabah
KUALA LUMPUR, May 20 — A man was killed by a crocodile as he was crossing a river in Kinabatangan, Sabah yesterday.googletag.cmd.push(function()...

 

記事の超簡単要約:

2022年5月20日記事によると

『サバ州のキナバタンガン地区の橋を使用し川を渡っていた男性が

巨大なワニに襲われました。

目撃者は消防署へ連絡し消防隊員は現場へ駆けつけました。

数時間後、消防隊員は現場付近で被害者男性の遺体の半分を発見しました。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

記事によると、男性が襲われた現場では、

普段はワニが出現しない場所です。

しかし大雨の影響で、川の水位が上昇しワニが水面へ現れました。

この大雨は、地球温暖化の影響で引き起こされているので、

この事件は人災と言っても過言ではありません。

 

まとめ:

皆さんもご存知かも知れませんが、

東マレーシアは、原生林を擁する動植物の宝庫です。

世界各国の昆虫研究者が毎年マレーシアを訪れています。

そして毎年のように新種の昆虫が発見されています。

 

以前マレーシア人の同僚から聞いた話ですが、

数十年前に東マレーシアのサラワク州で、巨大ヘビが発見されたそうです。

巨大ヘビの体長は、約15M前後あり軽自動車を丸呑みしたそうです。

 

この関連記事をインターネットで探してみましたが、

発見することができませんでした。

真相は確かめることができませんでしたが、

『動植物の宝庫マレーシア』なら可能性は

無きにしもあらずではないでしょうか?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント