マレーシア偽警官に注意!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Fake cops nabbed for extortion, robbing construction worker

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年2月2日アンパンジャヤ警察のエシャク署長は、

『警察官になりすました35歳と55歳の容疑者を逮捕しました。

この二人は警察官になりますし外国人労働者から現金と携帯電話を

奪いました。容疑者には前科があり、

指名手配リストに載っていた人物だった。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシア国内では、日本人が偽警官被害に遭っています。

偽警官の犯罪手口は、まず車を運転中の日本人を停めます。

そして偽警察官は警察手帳らしきものを見せます。

そして日本人にパスポートの提示を要求し、

パスポートを所持していなかった場合は、罰金としてお金を要求するのです。

もしこのような状況に巻き込まれた場合は、

下記のような行動を取りましょう。

・日本大使館へ電話して助言を求める03-2177-2600(日本語対応)

・観光警察へ電話して助言を求める03-2149-6590(英語対応のみ)

・偽警察官へ警察官IDの提示を求める

 

まとめ:

私の友人は、以前タイに駐在していました。

友人は、タイで車の運転をしている時に頻繁に警察の検問で

車を停められ車内の検査を行われていたそうです。

警察が車内検査を実施する時は、

友人は必ず車内検査をする警察の真横に立ち、

警察官の一挙一動を確認していたそうです。

理由は、警察官が故意に薬物を車内に投げ入れて

あたかも車内から薬物を発見したかのように装い

運転手から金品を強要することがあるからです。

 

全てのタイの警察官が、このような犯罪行為をしているとは思いません。

しかし被害に遭った日本人は実際にいるようです。

恐ろしい話ですね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント