ニュース記事要約:マレーシア警察トップからの発表(雑感:元気があればなんでもできる)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア警察トップからの発表

 

ニュース記事:IGP says 95pc of police officers ready for Covid-19 vaccines, those who refuse must leave the force

 

出典:

IGP says 95pc of police officers ready for Covid-19 vaccine, those who refuse must leave the force | Malay Mail
IPOH, March 12 ― Approximately 95 per cent of police officers and personnel across the country are ready to receive the Covid-19 vaccine shots, according to Ins...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年3月12日マレーシア警察トップのアブドール長官は、

『マレーシア全土の警察官95%のワクチン接種の準備ができている』と発表しました。

 

またトップアブドール長官は、

『健康上の理由以外でワクチン接種を拒否する職員は、警察を去らなければならない』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

私は、現在マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシア警察のトップであるトップアブドール長官は、

・95%の警察職員は、ワクチン接種の準備が完了

・3%の警察職員は、健康上の理由で接種が不可能

・2%の警察職員は、ワクチン接種の重要性を説明中である、

と発表しました。

 

既に95%のマレーシア警察職員が、ワクチン接種の意思表示をしているとは、

さすが統率の取れている警察組織だと思いました。

 

しかしながら、ワクチン接種を拒否した警察職員が、仕事を辞めなければ

ならないのも、なんだかかわいそうですねー。

一般の会社にこのような考え方が普及しないことを祈ります。

 

 

まとめ:

私がマレーシアで生活していて、マレーシア人の同僚とワクチン接種の話をしていると

感覚的に7割~8割ぐらいの人が、ワクチン接種の登録を済ませているように感じます。

登録者の割合は、ここ一週間で急激に増えているように感じます。

先週マレーシア元首相のマハティールさんが、

ワクチンを接種したことにも関係しているかもしれません。

 

私が住んでいる、クアラルンプール州では現在『条件付き移動制限令』中で、

州を越えて自由に移動することができません。

 

この『条件付き移動制限令』は、3月19日より解除される可能性があります。

解除となれば、ようやく自由に行動することができます。

 

マレーシアでは、昨年2020年3月16日から約2ヶ月間、完全なロックダウンと

なりました。あの日から、もうすぐで一年が経ちます。

 

私はこの一年間会社にあまり出社できず、子供は学校へ登校することができませんでした。

マレーシアに住んでいた多くの友人が、仕事の都合や、経済的理由でマレーシアを去りました。

 

生きる伝説のアントニオ猪木さんの名言に、

『元気があればなんでもできる』があります。

 

この一年間で、私は投資信託でかなりの額を失いました。

経済的にも精神的にもショックは大きいです。

しかし『元気があればなんでもできる』のです。

元気があれば、何度でもやり直す事ができるのです!

 

現在生きる伝説のアントニオ猪木さんは、心臓の機能が落ちて全身に血液が送れなくなる

難病『心アミロイドーシス』と戦っています。

アントニオ猪木さんは、毎日難病と闘い、リハビリを続けています。

 

1日も早く新型コロナウイルスが終息し、

マレーシア、日本、世界に日常生活が戻ることと

アントニオ猪木さんの病状が良くなることを祈ります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント