ニュース記事要約:マレーシアマハティール元首相ワクチンを接種(雑感:マハティール元首相)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシアマハティール元首相ワクチンを接種

 

ニュース記事:Dr Mahathir gives thumbs up after taking Covid-19 vaccine

 

出典:

Dr Mahathir gives thumbs up after taking Covid-19 vaccine | Malay Mail
LANGKAWI, March 7 — Tun Dr Mahathir Mohamad and his wife Tun Dr Siti Hasmah Mohamad Ali received their first Covid-19 vaccine jab here today, and the former pri...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年3月7日マハティール元首相と妻のハマス夫人は、ランカウイスポーツ

コンプレックスで新型コロナウイルスのワクチンを接種しました。

 

マハティール元首相はワクチン接種後に、

『ワクチン接種は、約1分で終了しました。頭痛などの副反応はありませんでした。

ワクチン接種は、私達に安全をもたらします。マレーシア全国民にワクチンを接種してもらいたい。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

私は、現在マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアのマハティール元首相が新型コロナウイルスのワクチンを接種しました。

マハティール元首相は、現在95歳です。マハティール元首相がワクチンを接種したことにより、マレーシアでのワクチン接種は飛躍的に加速していくでしょう!

 

なぜならマハティール元首相は、元医者だからです!

1953年にシンガポールのエドワード医科大学を卒業し、医師の免許を取得しました。

その後、マレーシア北部のアロースター病院に勤務し、自身の病院を開業し貧困層への

診療に取り組んだ経歴を持ちます。

 

マハティール元首相の元医師という肩書は、絶大な権威性があります。

元首相で元医師が、新型コロナウイルスのワクチンを実際に接種して、

安全だと言っているのに、それを信じないマレーシア人は少ないのではないでしょうか。

 

 

まとめ:

マハティール元首相は、マレーシアの首相を約24年間務めました。

マレーシアが、驚異的なスピードで経済発展と遂げることができたのは、

間違いなくマハティール元首相の力によるものです!

 

マハティール元首相は、現在95歳です。

高齢の方が、新型コロナワクチンを接種することはリスクが伴います。

マハティール元首相であれば、ワクチンを接種しない選択もできたと思います。

しかしマハティール元首相は、メディアの前でワクチンを接種しました。

 

現在、マレーシアでは、2021年中に総選挙が行われると囁かれています。

マハティール元首相が首相へ返り咲く日もそう遠くはないかもしれません!

『清く正しく美しいマレーシア』の復活を期待します!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント