ニュース記事要約:マレーシアの温度上昇率(雑感:マレーシアの清掃員の多さ)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシアの温度上昇率

 

ニュース記事:Think City study : Five Malaysian cities got hotter over the decades;

KL had lowest increase, Ipoh the most

 

出典:

Think City study: Five Malaysian cities got hotter over the decades; KL had lowest increase, Ipoh the most | Malay Mail
KUALA LUMPUR, March 5 — Five cities in Malaysia recorded higher temperatures of between 1.64° Celsius and 6.75° Celsius over the last few decades due to develop...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年3月5日マレーシア調査会社Think city社は、

『マレーシアの主要都市は、過去数十年で1.64~6.75度の温度上昇を確認した』

と発表しました。

 

マレーシア国内の地表温度は、下記サイトより確認することができます。

Urban Analytics - Think City

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

私は、現在マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアクアラルンプール周辺では、ここ数ヶ月間、毎日30度を超える暑い日々が続いています。

 

本日の記事によると、マレーシアの主要都市の中で、クアラルンプール都市部の温度上昇が

一番低い数字であったと書かれています。

記事によると、クアラルンプール都市部には庭園、公園、森林が多く残されていて

温度の上昇を抑えているそうです。

 

一方、ジョホールバルやイポ周辺は、森林が多く伐採され開発がすすみ、この約15年間で6度以上の地表表面温度が上昇している地域が多くあります。

 

ここ数年間で、マレーシアでは雨季前後に、マレーシア全土で洪水被害が発生しています。

この地表表面温度の上昇と洪水被害は、間違いなく相関関係がありそうです。

 

 

まとめ:

私は現在、クアラルンプールの都市部に住んでいます。

クアラルンプールの都市部に住んでいて感じるのは、緑の多さです。

毎日車を運転して、街中にある巨大な木の大きさに驚いています。

日本から来る出張者の方々も、クアラルンプールの都市と自然の調和の

素晴らしさに驚く人がほとんどです。

 

またマレーシアに在住の方は、理解できると思いますが、

『緑地帯を清掃する整備員の多さ』に驚かないでしょうか?

 

クアラルンプール周辺の高速道路付近の緑地帯では、毎日多くの清掃員の方々が

緑地帯の芝刈りや草集めを行っています。

 

マレーシアでは毎日のように激しいスコールが降り、多くの葉っぱや枝が

道路や緑地帯へ振り落とされますが、翌朝には清掃員の手によってきれいに

掃除されています。

 

また一年中真夏の温度で、植物は驚愕のスピードで成長していますが、

清掃員が草刈り機で、植物を剪定しています。

 

マレーシア政府の財政はコロナ禍で厳しいようですが、クアラルンプール周辺の

緑地帯の整備状況は、きれいな素晴らしい景観の美しさは保たれています。

 

緑が多く、自然豊かな魅力的な都市運営を保っていれば、

近い内にマレーシアにも観光客やビスネス出張者が戻ってくるでしょう!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント