マレーシアニュース記事要約:外国人就業者はコロナウイルス検査が必須(雑感:活動制限の現状)

マレーシアニュース

ニュース記事訳:

マレーシアの外国人就業者はコロナウイルス検査が必須

 

ニュース記事:Now, Putrajaya says Covid-19 swab tests only mandatory for foreign staff in red zones

 

出典:

Now, Putrajaya says Covid-19 swab tests only mandatory for foreign staff in red zones | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Oct 21 — The recently announced rule making Covid-19 testing mandatory for working and living in red zones under the condition movement control or...

 

記事の超簡単要約:

記事の内容を超簡単に要約すると下記となります。

2020年10月21日マレーシア政府の上級相は、レッドゾーン地域の建設現場や警備員として働く外国人就業者は、コロナウイルス検査を受診しなければないないと発表しました。

また発表の中で、『すべての人々にコロナウイルス検査を義務付けるわけではありませんが、安全のために検査をすることを勧めます』と話しました。

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

今回の政府の発表について情報が錯綜しています。2020年10月22日11:50AM現在ですが、手元にある情報を下記に纏めましたのでご参考になればと幸いです。

 

・レッドゾーン地域の建設現場や警備員として働く外国人就業者は、コロナウイルス検査を受診しなければないない

・すべてのレッドゾーン地域の就業者はコロナウイルス検査を義務付けられてはいない

・コロナウイルス感染者の症状がある人はコロナウイルス検査を受ける必要がある

・管理職員の出勤は10%の人数を推奨し、就業時間は10:00AM-14:00PMまでの週3回のみ

・製造、サービス、営業部門の出勤規制はなし。但し政府が定める標準作業手順を遵守する必要がある

 

まとめ:

10月20日政府は、レッドゾーンに住む人々にコロナウイルス検査の実施を発表し一部の市民の間で混乱を引き起こしました。コロナウイルスの感染対策は、世界各国に温度差があります。経済を優先するのか、人命を優先するのか、国によって考え方も様々です。

 

現状、どの国の政府もコロナウイルスの猛威を抑えられていません。しかし今後、コロナウイルスのワクチン、治療薬が開発され市場で入手出来る頃には、各国の政府が講じた感染対策が正しかったどうか検証されていくはずです。

 

私は現在、マレーシアに駐在しています。将来的に日本に住むのか、もしくは他の国に住むのか、現段階ではわかりません。しかし各国が行っているコロナウイルスの感染対策で、各国の政府の考え方や国民の考え方の本質を少しだけ学ぶことができました。もっと厳しい状況に追い込まれると、それぞれの国の考え方の鮮明に違ってくるかもしれません。

 

一日も早くコロナウイルス感染が終息することを願っています。そして以前のように気軽に飛行機に乗って、旅行がしたいです。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント