モント近くの貴金属店で強盗事件!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Police release sketches of suspects in Kepong goldsmith shop robbery

 

出典:

Police release sketches of suspects in Kepong goldsmith shop robbery | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Aug 24 — Police today released sketches and several photos of the suspects believed to have been involved in a robbery at a goldsmith outlet in Ke...

 

記事の超簡単要約:

2021年8月25日マレーシアSentul地区の警察署長Lai氏は、

『8月22日にケポン地区の貴金属販売店で強盗事件が発生しました。

容疑者はヘルメットを着用し店内に入店し、約RM50,000(約1.3百万円)の

貴金属を奪って逃走しました。

警察は、容疑者の似顔絵を公開します。

もし容疑者に関する情報を持っている人は、

是非警察に協力してください。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

今回強盗が発生した貴金属店は、ケポン地区にあります。

ケポン地区の近くには、日本人駐在員が多く住む

モントキアラ地区にも非常に近いので注意が必要です。

 

マレーシアでは、新型コロナウイルスによる経済の停滞で

治安が悪化しています。

特に車上荒らしや、ひったくりが頻発していますので、

外出時には注意が必要です。

 

まとめ:

私がマレーシアに駐在した時に、驚いたのは貴金属販売店の多さです。

マレーシアでは、ショッピングモールや街中に多くの貴金属販売店があります。

それらの多くの貴金属販売店は、主に金 = ゴールドを専門として取り扱っています。

そしてショッピングモールにある比較的大きな貴金属販売店の前には、

実弾をもった警備員がいることにも驚きました。

もしもの事態となれば、ショッピングモールの顧客も大惨事に

巻き込まれると思うのですが、、、、、、、、、

と心配するのは私だけでしょうか。

 

私が働いている会社のマレーシア人の同僚は、金 = ゴールドが大好きです。

自宅にタンス預金ならぬ、タンスゴールドをしているそうです。

彼女曰く、

『紙幣は紙くずになりかねないが、

ゴールドの価値は落ちることがない』と話していました。

 

また彼女は、祖父、母親からゴールド引き継いで、

タンスに大事に閉まっているそうです。

 

そして同僚から教えてもらって驚いたのは、

ゴールドは、お金に困った時に、街中の貴金属販売店に

持ち込めば、即現金にして貰えるそうです。

またゴールドを売りたくない場合は、貴金属販売店にゴールドを

預けてお金を借りることもできるそうです。

 

なるほどーーー、マレーシアの街中にある貴金属販売店では、

ゴールドの販売だけではないのですね。

 

ゴールドの販売、買取、貸付業などを行っているから、

街中に多くの貴金属販売店があることに納得がいきました。

 

今後、お金に困ったら妻のネックレスや指輪を貴金属販売店に

持ち込んで、いくらお金が借りられるか試してみたいと思います。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント