『スランゴール州と日本の友情公園』へ行ってみた!

マレーシアおすすめスポット

目的地の基本情報:

目的地:Selangor Japan Friendship Garden

 

目的地概略:

『スランゴール州と日本の友情公園』が2021年3月13日にオープンしました。

公園の敷地面積は約250平方メートルです。

シャーラム市のカラム市長は、

『日本企業の積極的な投資に感謝してこの公園の建設をした』と述べています。

公園内には、鳥居、庭園、池、ししおどしなどがあり、

日本の風情を感じることができます。

 

営業時間:

10:00AM – 19:00PM

 

目的地住所:

Persiaran Bandar Raya, Seksyen 14, 40000 Shah Alam, Selangor

気温・服装・注意事項について:

公園内は、比較的日差しを遮るものが少ないので、帽子の着用、

日傘を持っていくことを絶対おすすめします。

目的地への行き方やルート:

マレーシア首都クアラルンプールから、スランゴール州と日本の友情公園まで車で約30分程度の場所にあります。

 

マレーシアでタクシーを利用する場合の注意事項:

マレーシアでタクシーを利用する場合、道端のタクシーを使用せずにGrabタクシーを利用することを強くお勧めします。ほとんどの道端で待機しているタクシーは、乗車する前に運賃の交渉をしなければなりません。また法外な運賃を請求するドライバーもいるため、旅行者の方の利用はお勧めしません。Grabタクシーであれば、乗車前に運賃、送迎時間がわかるので安心です。

 

 

目的地の詳細情報:

目的地のおすすめポイント:

スランゴール州と日本の友情公園への入場料は、無料です。

公園敷地内は、京都を感じさせる古き良き日本の庭園が広がります。

 

公園内では、着物のレンタルを行っています。

着物は、30分間15RM(約400円)でレンタルすることができます。

マレーシア人と一緒にこの公園へ行き、日本の伝統や文化を伝えるには

最高の場所かもしれません。

 

一点注意事項ですが、

私の子供は、ボールを持って公園へ入園しました。

係員の方は、ボールを持つ子供を見ると、

『園内ではボール遊びは禁止です!』と厳しく注意しました。

公園内は、遊具等はありません。

ボール遊びもできません。

公園内のアクティビティは、公園内の散策です。

小さいお子さんには、この公園は退屈かもしれません。

 

まとめ:

このスランゴール州と日本の友情公園の隣には、

マレーシアで一番有名な観光スポットである『ブルーモスク』があります。

ちなみにこの『ブルーモスク』、

世界のモスクの中で、4番目に大きく、マレーシア国内では最大級の大きさです。

なぜ『ブルーモスク』の隣に、

日本庭園が建設されたのかは謎ですが、

マレーシアの聖地的な場所に、マレーシア人が日本庭園を建設したことは、

日本人への有効関係の証かもしれません。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント