Mydin社長、洪水時に商品を盗んだ人を許す!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Mydin boss says doesn’t agree with looting, but forgives flood victims who broke into Sri Muda store for survival

 

出典:

Mydin boss says doesn’t agree with looting, but forgives flood victims who broke into Sri Muda store for survival | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Dec 21 — Mydin Mohamed Holdings Bhd managing director Datuk Ameer Ali Mydin today said he forgives looters who broke into the supermarket chain’s ...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月21日Mydinグループの社長アリ・マイディン氏は、

『先週の洪水被害の際に、我社の店舗で多くの商品が盗難被害に遭いました。

商品を盗んだ人々は、洪水時の緊急事態の中、

生きるために仕方なく商品を盗んだのでしょう。

生きるためであるのならば、私は彼らの行動を許します。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

Mydinは、マレーシア国内に66店舗を持つ小売店です。

Mydinに行けば食料品、日用雑貨、工具など、ほぼ全ての日常生活用品が揃います。

今回、洪水被害で被災した店舗には、多く人がお店に入って

商品を略奪していきました。

私はお店の商品を略奪した人を『許す』と公言した

Mydinグループの社長アリ・マイディン氏の懐の深さに驚きました!

今後もMydinは、マレーシア国民に愛されるお店になるでしょう。

ちなみにMydinの設立は、1957年です。

今年で創業してから64年目です。

 

まとめ:

『許す』とは、少し違うかもしれませんが、

私には寛大な心が足りません。

 

先日、子供が学校のテストで、90点を取った際、

『あと10点で100点だったのにー』とか

妻が料理を作っても、

『少し味が足りないねー』とか

ついついマイナス部分に意識が向いてしまいます。

以前からこの性格を直したいと思っていましたが、

一向に改善しません。

 

洪水時、私の家に泥棒が入ったら、

私は泥棒を許すことができるでしょうか?

2022年は、『寛大な心』を目標に生活します。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント