破産する若者が急増中!

マレーシアニュース

ニュース記事:

PM alarmed by high number of bankrupt youths

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年6月26日マレーシア政府のサブリ首相は、

『マレーシアでは、2022年3月末日時点で、

287,411人がローン決済を完了せずに破産しました。

この破産した人の中には、多くの若者が含まれます。

若者の破産件数の増加に、

マレーシア国の未来を心配しています。』

と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

まず今回取り上げた記事にサブリ首相の若者の定義が、

何歳なのか書いていませんでした。

また『破産した多くは若者』と書いてありましたが、

こちらも曖昧な表現だったので、

実際に何人の若者が、破産したのかは不明です。

 

破産の原因は、なんでしょうか?

ビジネスに挑戦しての借入でしょうか?

もしくはクレジットカードで買い物をして、

返済が滞っての破産でしょうか?

破産の原因がわかれば、政府も対応策が見えてくるでしょう。

 

 

まとめ:

これは私の肌感覚ですが、多くのマレーシア人は、

独立心が強く、ビジネスを学んでから短期間で起業します

そして起業してから、試行錯誤しながらプロフェッショナルを目指します。

 

一方、日本人は最低でも数年間は会社でビジネスを学び、

じっくりと計画を練ってから起業する人が多いと感じます。

 

私のマレーシア人の友人のDさんは、

数年前は輸入家具を仕入れて販売していました。

しかし現在は、輸入家具の商売はしていません。

そして現在は、カフェを経営しています。

先日話をしたら、日本食を輸入して卸売をしたと話していました。

Dさんが、破産しないことを心から祈っています。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント