発表された緩和策!

マレーシアニュース

ニュース記事:

PM : Dine-in allowed for fully vaccinated in Phase two, phase three states from Tuesday : outdoor sports, tourism too

 

出典:

PM: Dine-in allowed for fully vaccinated in Phase Two, Phase Three states from Tuesday; outdoor sports, tourism too | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Aug 8 — The government has decided that those who have been fully vaccinated against Covid-19 will be allowed to dine in again in states and feder...

 

記事の超簡単要約:

2021年8月8日マレーシア政府ムヒディン首相は、

『新型コロナワクチンを2回接種した人の規制緩和を発表します。

フェーズ2の段階で、ワクチンデジタル接種証明書を提示すれば

レストランでの飲食が可能です。

またハイキング、テニス、バトミントン、ゴルフなどのスポーツ

活動なども許可します。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

7月下旬に発表される予定だった、ワクチン接種者への規制緩和内容ですが、

ようやく発表されました。

レストラン経営者や働く方々は、希望の光が少しだけ見えてのでは

ないでしょうか。

 

しかしレストランで食事が許されるのは、

国家回復計画のフェーズ2の段階からです。

現在、クアラルンプール、セランゴールでは、未だにフェーズ1です。

いつフェーズ2に移行するのでしょうか?

当初の計画では、1日あたりの新規感染者数4,000名以下が条件でしたが、

フェーズ2の移行条件でした。

今回の政府の発表では、

フェーズ2の移行条件を新規入院患者数100,000人中6.1人程度の

ICUの使用率が条件となりました。

この新規入院患者数100,000人中6.1人程度のICUの使用率の条件は、

1日あたりの新規感染者数4,000名以下の条件と比べて、

達成可能なフェーズ2への移行条件なのでしょうか?

この点が、不明でした。もう少し詳しく調べてみます。

 

 

まとめ:

マレーシアでは、新型コロナウイルスの新規感染者の増加に歯止めがかかって

いない状況です。

マレーシア政府は、感染力の強いデルタ株の感染拡大を理由に上げています。

しかし昨日、マレーシア保健省のアブドラ局長は、

ワクチン接種のスピードが加速しているので、

新規感染者数は、今月末までに減少に転じるとは発表しています。

 

デルタ株は、インド由来のウイルスと言われています。

インドでは、数ヶ月前、1日あたりの新規感染者数が400,000人を超えていましたが、

現在は40,000人前後と10分の1の感染者数となっています。

デルタ株とは爆発的に増えて、一瞬で終息するタイプのウイルスなのでしょうか?

もしそうであるならば、数ヶ月後にマレーシアの新規感染者数も10分の1になることが

期待できますね!

 

1日も早く新型コロナウイルスが終息することを祈ります!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント