洪水災害現場を援助する高齢者!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Retirees step up to clean flood victims’ homes

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月25日Jembaraチャリティ団体のオタマン会長は、

『私達チャリティ団体のメンバーは、年金受給者で高齢です。

メンバーの年齢は50歳~70歳で構成されています。

私達は若い人ほど、肉体的には強くありませんが、

洪水で被災した人を助ける気持ちは強いです。

現在メンバーは、洪水で被災した家に出向き清掃活動を行っています。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

先週の洪水被害から1週間が経ちましたが、

現在も40,000人以上の人が、国や自治体が用意した救急センターで

避難しています。

毎日の新聞やニュースでは、各団体が災害現場への援助や支援が報道されています。

一日も早い復興をお祈りします。

 

まとめ:

今回記事で取り上げたチャリティ団体のメンバーの方々は、

年金受給者の高齢者の方です。

メンバーの年齢は50歳~70歳です。

 

この記事を読んでいる時に、

ふと『自分が高齢者になった時にはどうなっているのだろう』

と考えてしまいました。

高齢者の年齢の定義は、難しいですが、

ここでは60歳と設定します。

私は現在40歳なので、今から約20年後に60歳となります。

 

40歳から60歳へ年齢を重ねると、体はどうなるのでしょうか?

会社の上司に60歳の方がいます。

その方は、健康面に注意していてコンドミニアムのジムに毎日通っていて

運動を欠かしません。

新型コロナウイルス発生前は、

私は60歳のこの上司と一緒にゴルフをしていましたが、

毎回ラウンドでは80前後でプレーしていました。

毎日、体のメンテナンスをしていれば、60歳でも40歳と変わらない肉体が

維持ができそうです。

 

今から20年前、私が20歳の時、40歳の体のコンディションを想像することはできませんでした。

20歳と40歳の体を比べると、身体能力は衰えていますが、

生活する上では全く問題ありません。

しかし20歳と40歳の一番の違いは、睡眠時間と質です。

現在40歳の私は、夜眠ることに苦労しています。

20歳の時は、寝つきが良く何時間でも眠り続けることができました。

しかし現在40歳となり、眠れない日々が続いたり、

寝てもすぐに目を覚ましてしまいます。

 

自分が60歳になった時には、体にどのような変化が起こっているのでしょうか?

不安と怖いもの見たさの半分半分です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント