新首相就任後は在宅勤務!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Swearing-in ceremony of PM Ismail Sabri’s new Cabinet kicks off

 

出典:

Swearing-in ceremony of PM Ismail Sabri’s new Cabinet kicks off | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Aug 30 — Theswearing-in ceremony of new ministers and deputy ministers took place before Yang di-PertuanAgongAl-Sultan Abdullah Ri'ayatuddin Al-Mu...

 

記事の超簡単要約:

2021年8月30日マレーシア新内閣の宣誓式がイスタナネガラで行われました。

しかし新首相に就任したサブリ新首相は、新型コロナウイルス感染者と

濃厚接触をしていたため、隔離となり式典に出席することができませんでした。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアで新首相が誕生しましたが、新内閣の顔ぶれの約90%は

前内閣と同じです。

マレーシアの地元メディアは、

『前内閣の再利用』

『棚の上の花瓶の位置を変えただけ』と揶揄しています。

 

まとめ:

マレーシアの新首相のサブリ氏は、昨日のマレーシア新内閣の宣誓式に

出席することができませんでした。

理由は、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触をしていたためです。

 

マレーシア政府の定める手順のよると、濃厚接触者は10日間自己隔離し健康観察を

行う必要があります。また他人と会わないようにする責任があるとされています。

 

就任早々に10日間の自宅隔離とは、正直スタートダッシュから転倒した感じは

あります。

しかしマレーシア国は、現在、新型コロナウイルス問題、経済危機など

様々な問題を抱えています。

サブリ首相には、在宅勤務で国難を乗り切って欲しいです!

 

もしサブリ首相が、在宅勤務で多くの難題を解決できれば、

マレーシア企業の在宅勤務者数も激増するかもしれません!

 

『マレーシア国で在宅勤務者数を激増させた首相』として

歴史に名を刻むかもしれません!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント