定年後は田舎暮らし or 都会暮らしのどちらが幸せか?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Food crisis because of policy switch to industrialisation, says economist

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年5月23日マレーシアエコノミストのガザリ氏は、

『マレーシアでは、1980年代から農業から工業へ産業を転換しました。

現在、起きている食料品の値上げや供給問題は、

政治的に政策を変えなければ、解決することはありません。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

国の発展を考えた場合、農業か工業の二者択一であれば、

多くの国の指導者は、間違いなく工業を選ぶでしょう。

マレーシア政府は工業化を推進し、

東南アジアの中でも著しい発展を遂げています。

今後、国を担う若年層の多くも工業分野への

就労を希望することは間違いないでしょう

 

まとめ:

私は家族で、時々ですが週末ジャングルトレッキングや農園へ行きます。

ジャングルトレッキングや体験農園の地面は、

当然の事ながら都市部のように整地されていません。

普通に歩くことも注意が必要で、集中していなければ怪我をしてしまいます。

 

そしてジャングルトレッキングや体験農園から自宅に帰ってきて

毎回感じることは、都市部に住むことって楽だなー感じます。

道路は整備され、必要な物は、スマートフォン一台で購入でき

自宅まで届けてくれます。

 

将来的に、田舎暮らしや都会暮らしのどちらを選択するか、

現段階では決めてはいません。

しかし会社を定年して都会暮らしを続けた場合、数年でボケるでしょう。

私には、普通に生活するだけで、

少し苦労するぐらいが丁度良いと考えています。

定年後は、自分で食べる野菜ぐらいは、

自分で育てたいと本気で考えています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント