学生時代の集団面接の苦い思い出!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Covid-19 : 165,000 made jobless in Selangor as at June 2021, says state exco

 

出典:

Covid-19: 165,000 made jobless in Selangor as at June 2021, says state exco | Malay Mail
SHAH ALAM, Oct 12 — Selangor recorded an unemployment rate of 4.4 per cent or 165,000 unemployed persons as at June this year following the Covid-19 pandemic, a...

 

記事の超簡単要約:

2021年10月12日マレーシア政府のスポーツ及び人的資本開発委員会のオスマン氏は、

『マレーシアの失業率は、

2019年2.9%

2020年4.5%

2021年6月時点4.4%でした。

政府は、失業者の増加を受け止め新たな雇用を生み出します。

目標は、失業率を3.7%に引き下げることです。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

記事によると、2021年6月時点に失業率は4.4%です。

マレーシアでは、6月、7月と完全ロックダウンだったので

現在の失業率は、上昇していることが考えられます。

 

しかし新型コロナウイルスの1日あたりの感染者数も減少傾向にあり、

州を越える移動も許可されました。

今後は、経済活動が活発となり雇用も増えてくると予測します。

 

まとめ:

私の人生の中で、一番辛かった時期は『就職活動』です。

大学3年生の終わりから、大学4年生の秋頃まで『就職活動』を行いました。

エントリーシートを100社前後送付し、面接は40社前後受けました。

 

今でも強烈に印象に残っているのが、

ある商社での集団面接です。

 

私を含めて、5人の学生と3人の面接官で集団面接が行われました。

私達学生は順番に1分間で自己紹介をするように言われました。

私が自己紹介する順番は、5番目でした。

1人目、東京大学の〇〇です。

2人目、京都大学の〇〇です。

3人目、慶応大学の〇〇です。

4人目、東京大学の〇〇です。

彼らの自己紹介は、簡潔に纏められて素晴らしいものがありました。

 

私以外の学生の出身大学のレベルの高さに、私は引け目を感じてしまいました。

そして自己紹介の番となり、私は極度の緊張から

支離滅裂な自己紹介を行ってしまいました。

数日後この会社から不採用の通知が届きました。

私は未だに、この面接の夢をみます。

 

その後、数十社の面接に挑戦し、秋頃にようやく数社から合格通知を頂きました。

 

就職での面接結果は、試験のように点数を知ることができません。

会社から不採用通知を受け取る度に、

『あなたには価値がない』と言われているように感じました。

もう二度と、就職活動はやりたくありません。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント