夫婦の会話(クリントン元大統領とヒラリー夫人)

マレーシアニュース

ニュース記事:

Muhyiddin praises wife who inspired initiatives for women in manifesto

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年11月9日マレーシア政府のムヒディン元首相は、

『私が政界で活躍できるは、妻のサポートのお陰です。

また私が癌で療養中の時も、妻は多くの時間を捧げ献身的にサポートしてくれました。』

と述べました。

 

 

まとめ:

世界的に有名になる男性の横には、必ず献身的な奥さんがいます。

ムヒディン元首相のラーマン婦人も、さぞ素晴らしい奥さんなのでしょう。

 

夫婦繋がりで、元大統領クリントン氏と妻のヒラリー婦人の話を紹介します。

アメリアの元大統領クリントン氏と妻のヒラリー婦人は、

アーカンソー州出身の政治家です。

 

クリントン氏とヒラリー婦人が現役時代に、

アーカンソー州へ遊説に行った時の小話です。

クリントン氏とヒラリー婦人が、遊説中の途中で、

街の外れの小さなガソリンスタンドへ立ち寄りました。

そのガソリンスタンドで、ヒラリー婦人は、

偶然にも学生時代にお付き合いしていた男性にばったり遭ったのです。

その街外れの小さなガソリンスタンドは、

男性が経営するガソリンスタンドでした。

ヒラリー婦人は、クリントン氏に男性を紹介したそうです。

 

ガソリン給油後に、クリントン氏はヒラリー婦人に、

『もし君が彼と結婚していたら、

君は街外れの小さなガソリンスタンドで働いていんじゃない?』

と言いました。

 

そのクリントン氏の言葉にヒラリー婦人は、

『もし私が彼と結婚していたら、

あなたではなく、彼がアメリカ大統領になっていたわよ。』

と言ったそうです。

 

アジア人とは全く違う夫婦の関係が垣間見える、

アメリカ人らしい会話ですね。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント