多くのマレーシア人の同僚が投票しないって、、、、、、なぜか?

マレーシアニュース

ニュース記事:

UTM arranges 43 buses to send 1,600 students home to vote in GE15

 

出典:

UTM arranges 43 buses to send 1,600 students home to vote in GE15
JOHOR BARU, Nov 16 – Universiti Teknologi Malaysia (UTM) said it has arranged express bus services for about 1,600 students to go back to their hometowns and vo...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年11月16日記事によると、

『マレーシア工科大学の学生1,600人は、

総選挙で投票するために大学が用意した長距離バスで、故郷へ帰省しました。』

 

 

まとめ:

私は現在マレーシアで駐在しています。

いよいよ選挙が、明後日に迫ってきました。

政府発表により、明日、明後日は、

選挙の投票のため、マレーシア全土が祝日となりました。

 

しかし私の多くの同僚が、今回の選挙では投票へ行かないと話しています。

政治の話は、センシティブな話題なので、

深く話は聞いていませんが、単純に今回の選挙に興味がないようです。

 

振り返ると2018年の総選挙では、

私の多くの同僚がデモンストレーションに参加し、

野党の支持を呼びかけていました。

当時は、ナジブ元首相の汚職問題、消費税廃止が選挙の大きなトピックでした。

そして多くの国民がマハティール元首相を中心とした野党を指示し、

政権交代が実現しました。

 

しかし今回の選挙では、大きなトピックがありません。

私の多くの同僚は、

『どこの政党が与党になっても、たいして変わらないよ』と話しています。

このような状況だと、きっと与党が勝利をおさめるような気がします。

私には、投票権がないので戦況をじっと見守るだけです。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント