力強いリンギットが戻ってきた!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Bank Negara : Ringgit appreciated against US dollar since Oct 1, supported by improved domestic out look

 

出典:

Bank Negara: Ringgit appreciated against US dollar since Oct 1, supported by improved domestic outlook | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Nov 12 ― The ringgit appreciated by 0.9 per cent against the US dollar as of November 9 (since October 1), broadly in line with the trend in other...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月12日マレーシア国立銀行のユヌア総裁は、

『マレーシアの通貨リンギットがUSドルに対して0.9%上昇しました。

これはマレーシア経済が再開し支持された結果です。』

と述べました。

 

またエコノミストは、

『現在のマレーシアの政策金利は、1.75%です。

このレートは2020年7月以降保たれています。

今後、新型コロナウイルスが終息に向かい経済活動が復活すれば

政策金利は2022年後半頃には、2.00%~2.25%になると予測しています。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

ここ最近の為替の推移を調べてみました。

まずはUSDとRM為替推移です。

最安値2013年5月に1USD = 2.9RM 

最高値2017年4月に1USD = 4.5RM(155%上昇)

現在は1USD = 4.16RM

USDを保有する投資家や旅行者にとっては

最高の時期といえるのではないでしょうか。

 

まとめ:

リンギットと日本円についても調べてみました。

2014年1月に1MYR = 35.14JPY 

2016年9月に1MYR = 24.24JPYを記録しています。

現在は1MYR = 27RM

過去の為替レートを考えると、

JPYを保有する投資家や旅行者にとっては

レート的に悪くありません。

まとまったお金があれば、マレーシアで不動産を購入するには

良い時期だと考えます。

もしかしたら数年後には、リンギットの価値が上昇するかもしれません。

2014年1月に記録した1MYR = 35.14JPYとなれば、

現在のレートと比較して通貨価値だけで130%増となります。

 

マレーシアで不動産を購入するなんぞ、私には縁のない話です。

しかし絶対にリンギットの価値が上がるとわかれば、

無理をしてでもマレーシアで不動産を買いたいです。

でも為替レートの予測に絶対はありません。

よってマレーシアでの不動産購入をやめておきます。

ちなみに私の過去の不動産購入の実績は、モノポリーと桃鉄だけです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント