世界不況が予測されるが、マレーシア経済は問題なし!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Analysts say world recession risks derailing Malaysia’s recovery, but growth still likely

 

出典:

Analysts say world recession risks derailing Malaysia’s recovery, but growth still likely | Malay Mail
KUALA LUMPUR, May 11 — The risk of recession in three of the world’s largest economies could threaten Malaysia’s post-pandemic recovery but not enough to drag g...

 

記事の超簡単要約:

2022年5月11日マレーシアの経済アナリストによると、

『米国での金利上昇、欧州でのエネルギー混乱、ロシアとウクライナの紛争、

長引く中国のロックダウンなどを考慮すると、世界的に不況に陥る可能性があります。

しかしマレーシアでは、パンデミック後の国内経済は堅調です。

また国内の輸出業者は強い需要を保っています。

マレーシア経済は、今後も成長する可能性が高いです。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

昨日マレーシア中央銀行は、政策金利の利上げを発表しました。

政策金利は、1.75%から2.00%となりました。

マレーシア中央銀行は声明で、

『マレーシア国内経済は堅調で経済が回復している』

と述べてました。

 

まとめ:

私の顧客は、日系企業とマレーシア現地企業です。

これは私の顧客に関してですが、

『パンデミック以前のように業績が回復した』顧客はいません。

 

ほとんどの会社が、

『パンデミックの最悪期から徐々に業績が回復している』という状況です。

ようやく最悪期から脱している状況なのに、

マレーシア中央銀行の政策金利の利上げには驚いています。

記事に書いてあるように、マレーシア経済は今後も成長していくのでしょうか?

とりあえず、私は自分の持ち場で全力を尽くします!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント