ラーメンよりもおいしいビーフヌードルを発見!

マレーシアおすすめスポット

レストランの基本情報:

店名:Kopitiam RTP (フードコートRTP)

 

ジャンル:

フードコート(中華、インド、ボルネオなど)

 

目的地住所、連絡先:

21, Jalan SS 4d/2, SS 4, 47301 Petaling Jaya, Selangor

 

営業時間:

年中無休

7:00AM – 16:00PM

 

レストラン内設備:

通常の席のみです。

 

メニュー:

日によって違いますが、平均で5~8店舗のお店がフードコート内に出店しています。

 

目的地への行き方やルート:

マレーシア首都クアラルンプールから、Kopitiam RTP (フードコートRTP)まで車で約30分程度の場所にあります。サンウェイピラミッドからだと車で約15分程度です。

 

マレーシアでタクシーを利用する場合の注意事項:

マレーシアでタクシーを利用する場合、道端のタクシーを使用せずにGrabタクシーを利用することを強くお勧めします。ほとんどの道端で待機しているタクシーは、乗車する前に運賃の交渉をしなければなりません。また法外な運賃を請求するドライバーもいるため、旅行者の方の利用はお勧めしません。Grabタクシーであれば、乗車前に運賃、送迎時間がわかるので安心です。

 

 

レストランの詳細情報:

実食体験レポ:

Beer Noodle soup(ビーフヌードル):15RM(380円)

ビーフヌードルは、東マレーシアボルネオ地区の郷土料理です。

ここフードコートのオーナーの出身地はボルネオ地区です。

オーナーによると、クアラルンプール地区には、おいしいビーフヌードルが食べられる

レストランが少ないので、自分でフードコートとビーフヌードルのお店を作ったそうです。

ビーフヌードルのスープは、写真のように真っ黒です。

しかし全くしょっぱくはありません。

スープを飲むと、ビーフの濃厚な味が口に広がります。

豚骨スープならぬ、牛骨スープです。また麺は、ビーフンを使用しています。

ビーフンはあっさりしていて、濃厚な牛骨スープに絡みます。

 

そしてこのビーフヌードルの中には、牛肉の塊がゴロゴロ入っていています。

牛肉は、大きな塊なので、硬いと思いきや、くちびるでも切れるぐらいの柔らかさです。

100グラム~150グラム前後の大量の牛肉が入っています。

牛肉好きには、たまらない一品です。

 

またビーフヌードルと一緒に、赤いソースが一緒に付いてきます。

このソースが驚くほど辛くインパクトのある味です。舐めるだけで、一瞬で目が冷めます。

マレーシアに生活に飽きている方がいれば、是非一度、この赤いソースを試してください。

びっくりするほど、辛いです!

 

ビーフヌードルは、ドライタイプもあります。

ドライタイプは、スープが別に付きます。

ドライタイプは、通常のビーフヌードルと味が違います。

一点注意事項としては、ビーフヌードルの中には、牛肉の様々の部位が入っています。

牛肉の内臓系や尻尾の部位です。内臓系や尻尾の部位が苦手な方は、注文時に

避けてもらうことをおすすめします。

 

 

まとめ:

新型コロナウイルス流行前は、頻繁に東マレーシアへ出張していました。

東マレーシアへ出張した時の楽しみの一つが、このビーフヌードルでした。

ビーフヌードルは、東マレーシアボルネオ地区の郷土料理です。

このボルネオ地区の郷土料理が、ここセランゴール州で食べることが

できるのは嬉しい限りです。

 

昨日、マレーシア政府は、条件付き移動制限を5月17日まで延長すると

発表しました。州を越えての移動は、来月以降となりました。

 

しかしクアラルンプール州やセランゴール州には、

世界各地の様々なレストランがあり、食事を楽しむことができます。

最近では、Grabフードも充実し家に居ながら、好きな食べ物を

注文して食べることができます!

 

私達は、新型コロナウイルスで移動の自由は制限されていますが、

食事の自由は制限されていません!

私は今後も可能な限り、マレーシア国内の魅力的な場所やレストランを

発信していきます!

 

明日4月29日は、祭日です!

特にやることもないので、家族でケーキを作ります!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント