マレーシア株価、為替暴落!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Ringgit falls to one-year low as Muhyiddin’s resibnation as PM looms

 

出典:

Ringgit falls to one-year low as Muhyiddin’s resignation as PM looms | Malay Mail
SINGAPORE, Aug 16 — The Malaysian ringgit fell to a one-year low on Monday and stocks in Kuala Lumpur slipped as an expectation that the prime minister will res...

 

記事の超簡単要約:

2021年8月16日マレーシアのムヒディン首相が議会で過半数を失い、

本日辞任する予定です。この情報により、マレーシア・リンギットは

USDドルに対して1年振りの安値となりました。

1USD = 4.241MYR

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアの主要メディアでは、ムヒディン首相の辞任を報じています。

新型コロナウイルスの感染拡大の責任追求、

議員の不支持表明、離党、辞任により政権維持が困難になったようです。

 

昨晩、マレーシア政府は製造業、小売業への規制緩和策を発表したので、

株価と為替は戻るのではないかと期待をしていました。

 

しかしそこは政治・経済です。

大学の講義では、政治と経済は、表裏一体の関係で、

一国の首相の辞職や発言で、株価や為替は大きく動くと教えて貰いました。

実際にマレーシア証券取引所KLCIでの株価は、大きく値段を下げています。

 

まとめ:

数年前から、超少額ですがマレーシアの株に投資をしています。

購入している銘柄は、イオンクレジットサービスマレーシア、

味の物マレーシアなど、両方とも日本の本社が子会社の株を

51%以上の株を保有している会社です。

 

両社とも株価の値動きは小さいですが、毎年の配当金が魅力です。

しかし超少額投資なので、配当金も雀の涙ほどですが、、、、、、、、、

 

マレーシアへ現在、政治・経済ともに非常に不安定な時期にあります。

しかしこの不安定な時期だからこそ、株、外貨、不動産が買い時なのかも

しれません。

私は、この7月、8月のドリアンシーズンで、

在宅勤務を言い訳に、毎日ドリアンを食べまくって散財してしまいました。

財布の中身は空です。オケラになりました。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント