マレーシア政府は上半期の児童虐待数を公表 !

マレーシアニュース

ニュース記事:

Child abuse: 1,055 cases recorded nationwide from Jan-June this year, says deputy minister

 

出典:

Child abuse: 1,055 cases recorded nationwide from Jan-June this year, says deputy minister
PASIR MAS, Sept 6 — A total of 1,055 cases of child abuse were recorded nationwide by the Social Welfare Department (JKM) from January to June this year. Deputy...

 

記事の超簡単要約:

2022年9月5日女性、家族、コミュニティ開発省のユソフ副大臣は、

『2022年1月~6月までに社会福祉局が記録した児童虐待は、

1,055件でした。

内訳は、

・身体的虐待578件

・性的的虐待417件

・精神的虐待 60件』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

虐待された子供は、知能発達の遅れ、自己肯定感の欠如など、

子供に多大な影響を及ぼします。

殴る、怒鳴るというしつけの方法では、

子供はその場では言うことを聞きますが、

必ず同じ失敗を繰り返します。

 

まとめ:

虐待は、絶対に遭ってならない事です。

しかし親も人間です。

健康、お金、仕事、人間関係などが良い状態でないと、

普段しないことを子供にしてしまうことがあります。

 

先日夕食の際、子供がコップを倒し、水をこぼしました。

その数分後に、また子供がコップを倒し、水をこぼしました。

私は、ついカッとなって、大声で怒鳴ってしまいました。

子供は、私の大声に驚き、泣いてしまいました。

 

その時の私は仕事でトラブルがあり、

精神的にかなりイライラしていました。

そのイライラや不安な気持ちを、

子供にぶつけてしまったのです。

私の衝動的な行動に反省しています。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント