マレーシア成人の50%が肥満!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Budget 2022 highlights : Here’s what Malaysians can expect to get as Covid-19 recovery continues

 

出典:

Budget 2022 highlights: Here’s what Malaysians can expect to get as Covid-19 recovery continues | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Oct 29 — The Budget 2022 is the biggest yet tabled, with a RM322 billion allocation, aimed to uplift many in the community and business sectors fr...

 

記事の超簡単要約:

2021年10月29日マレーシア政府アジズ財務大臣は2022年度の予算を

発表しました。発表の中で、

『マレーシア国民肥満調査で、マレーシア成人の50.1%が太りすぎであることが

明らかになりました。この数字は、過去30年間で最も悪い数字です。

マレーシア人を健康的なライフスタイルに導くために、

加糖飲料の物品税の徴収を開始します。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

昨日、アジズ財務大臣は2022年度国家予算の発表をしました。

経済対策、失業問題、教育、補助金、コロナ対策、医療、年金、

免税などの多くの刺激策が発表され、過去最大の国費が歳出されます。

 

その中で、私が気になったのは、

『加糖飲料の物品税の徴収』するという記事です。

マレーシア人の肥満の多さは、加糖飲料が起因するという考え方は

一理あると思います!

 

まとめ:

マレーシアのコンビニ、スーパーに行く度に思うのですが、

飲みたい飲み物がないことです。

マレーシアで販売している飲み物の不満ベスト3は、

・激甘

販売されている約90%の飲み物が激甘です。

一度、砂糖入りの緑茶を間違えて購入して飲んで、

あまりの甘さに吹き出してしまいました。

 

・飲み物の色が原色

体の中に入れていいのかと思うぐらいの鮮やかな緑、赤、黄色などの

原色の飲み物が多いです。

南国の森に行くと、原色の鳥たちが映えるのと同じように、

商品棚に原色の飲み物を置くと、購買意欲が掻き立てられるのでしょうか?

 

・販売している飲み物の種類が少ない

コンビニ、スーパーに行くと感じるのですが、

販売している飲み物の種類が非常に少なく選択肢がありません。

 

今回、マレーシア政府が予算案で発表した、

『加糖飲料の物品税の徴収』で飲み物の値段が上がり

マレーシア人が激甘ジュースを控えるようになるのか?

まずは、私が一緒に働いているマレーシア人スタッフの

消費動向を監視していきます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント