マレーシア人、世界階段早登り大会で優勝!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Ismail congratulates Soh for emerging world No 1 in tower running

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年6月10日記事によると

『アメリカニューヨークのOne world Trade Centre Buildingで

階段駆け上がり大会開催されました。

大会では、マレーシア人のソー選手が優勝しました。』

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

記事にあるアメリカニューヨークのOne world Trade Centre Buildingを

調べてみると104階建てで、階段の数は2,226段ありました。

ちなみにソー選手の優勝タイムは、12分46秒でした。

 

まとめ:

ソー選手の優勝タイム12分46秒 = 766秒です。

階段数2,226段÷766秒=2.906秒

1段あたり2.906秒で登った計算になります。

あまり早くないですよね、、、、、、、

 

私は、階段登りには自信があります!

約2年前、マレーシアではロックダウンとなり

外でのランニングが禁止となりました。

そしてモントキアラ在住の日本人数名が、

コンドミニアム周辺でランニングをしたとして

逮捕されてニュースに取り上げられていました。

 

私もこの時期ランニングをしていたので、

ニュースを知った時、恐怖で震え上がった記憶があります。

その後、外でのランニングをやめて、

コンドミニアムの階段登りを続けていました。

 

遂に私の人生も日の目を浴びる時がきました。

来年One world Trade Centre Buildingで階段駆け上がり大会開催に

エントリーしたと思います😀!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント