マレーシアで民泊サービスが禁止になる!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Penang now says it wants to regulate homestays

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年5月5日ペナン州観光経済委員会のヒン委員長は、

『Airbnb(民泊サービス)の影響で、ホテルとの価格競争が起こっています。

今後、ペナン州ではアパートやコンドミニアムを

観光客に貸し出すこと禁止することを検討しています。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアでは、Airbnb(民泊サービス)のアプリを利用すれば、

ホテル以下の安価で高級コンドミニアムを借りることができます。

マレーシアのコンドミニアムは、確実に供給過多です。

 

私の友人は、不動産投資目的でクアラルンプール市内にコンドミニアムを購入しました。

しかし当初計画したような家賃収入を得ることができずに、

苦肉の策でAirbnb(民泊サービス)を利用して日銭を稼いでいます。

 

まとめ:

私もAirbnb(民泊サービス)には、大変お世話になっています。

マレーシア国内だけではなく、タイ、オーストラリアでも使用しました。

魅力は、圧倒的な値段の安さです!

特にマレーシアのAirbnb(民泊サービス)コンドミニアムは、安いです。

以前、ジョホールバル州のレゴランド近辺のコンドミニアムを借りました。

3LDKの部屋を1泊150MYR(4,500円)で借りることができました。

もし家族でホテルを借りたとすると、3倍~5倍の値段はするでしょう。

私個人的には、このAirbnb(民泊サービス)を継続して欲しいです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント