マレーシアでテロの恐れ!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

No sign of possible terror attack on Malaysia, says ICP following Japan’s

Advisory to its citizens in SE Asia

 

出典:

No sign of possible terror attack on Malaysia, says IGP following Japan’s advisory to its citizens in SE Asia | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 13 — The police have moved to reassure the public that thus far there have been no threats to Malaysia, following Japan’s recent advisory to ...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月13日マレーシア警察のサニ長官は、

『本日、マレーシア日本大使館からテロ発生の脅威について

マレーシア在住の日本人へ対して勧告が出されました。

しかし現在、マレーシアは平和と安全が保たれています。

マレーシア警察では、テロの脅威に関する情報は受信していません。

警察は国の安全を確保しています。正確な情報に基づき冷静に行動しましょう。』

と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

昨日の午前中、私も在マレーシア日本国大使館より下記のようなメールを受信しました

『当国において、礼拝場等の人が多く集まる場所への自爆攻撃が発生する可能性が高まっているとの情報があります。
在留邦人の皆様におかれましては、引き続き、テロに対する警戒を強化し、以下の対応に努めてください。』

 

しかしマレーシア警察は、この在マレーシア日本国大使館に対して、

現在マレーシア警察では、ロに関する情報はなく国の安全は問題ないと述べています。

 

在マレーシア日本国大使館は、東京の外務省から指示がありマレーシアに在住する

日本人約31,000人に対してテロ脅威に関する注意喚起メールを配信したと発表しています。

東京では、テロに関するなにかしらの情報は掴んでいるのでしょうか?

なにも起こらないことを祈るばかりです。

 

まとめ:

テロリズムとは、政治的な目的を達成するために暴力や脅迫することです。

テロの実行犯達は、暴力により理想の社会を実現するができると信じています。

 

これは私の個人的な意見ですが、暴力や脅迫では安全で持続性のある

社会は作ることができません。

どの時代をみても暴力や脅迫での統治した政権は、短命で終わります。

 

そしてテロは、無実で関係のない人々を巻きぞいにします。

家族、親戚、友達がテロに巻き込まれたら、たまったものではありません。

テロは、絶対に許されるべき行為ではありません。

 

日本の外務省が、マレーシア国内でのテロ情報を入手しているのであれば、

マレーシア警察と情報を共有して、マレーシアと東南アジアの安全に努めて

欲しいと願います。

 

テロは、エロテロリストの『インリン・オブ・ジョイトイ』だけで十分です!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント