ペラ州の強力な農業支援!

マレーシアニュース

ニュース記事:

In light of current food supply shortage, Perak MB calls on people to grow vegetables, breed livestock for own consumption

 

出典:

In light of current food supply shortage, Perak MB calls on people to grow vegetables, breed livestock for own consumption
GOPENG, May 31 — The Perak government is urging the people in the state to grow vegetables and rear livestock for their own consumption due to the current short...

 

記事の超簡単要約:

2022年5月31日マレーシアペラ州のモハマド議員は、

『ペラ州では食料品を輸入品に頼らないように、

自分達で農作物も作るキャンペーンを行っています。

また近日中に、食料安全保障を強化するために

ペラ州では40ヘクタールの土地を提供して

農業技術指導プロジェクトを開始する予定です。

ペラ州の人々の食料安全保障を高め、

多くの雇用を生み出す予定です。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

最近マレーシアのニュースでは、

農業関係の記事が目立ちます。

それだけ食料品不足が深刻なのでしょうか?

それともこれだけメディアで取り上げられたら、

『食料品の値上げは仕方ないよね!』

国民に思わせる国家戦略でしょうか?

 

 

まとめ:

私の父親は、私が小学校生まで自宅の近くに、

10坪程度の小さな農業を借りて、家庭菜園をしていました。

 

きゅうり、じゃがいも、トマトなどを収穫した思い出があります。

収穫した野菜は、スーパーで販売されているものと比べて、

小さく、形は不揃いでした。

しかし自分達で育てて、収穫した喜びは、今でも鮮明に覚えています。

 

現在、クアラルンプール市内のコンドミニアムに住んでいます。

プチ家庭菜園として、ベランダの片隅で、

しそなど、オクラ、ニラ、生姜、バジルなどを育てています。

野菜は小さなポットで栽培していますが、順調に育っています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント