ペナン州への旅行が可能となる!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Penang tourism group welcomes travel bubble concept, hopes for expansion from Langkawi to other sates

 

出典:

Penang tourism group welcomes travel bubble concept, hopes for expansion from Langkawi to other states | Malay Mail
GEORGE TOWN, Sept 20 — The Association of Tourism Attractions Penang (ATAP) and Malaysian Association of Hoteliers (MAH) Penang Chapter hope that the travel bub...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月20日マレーシアペナン州観光名所協会のティン会長は、

『9月15日から開始となったランカウイ島へのトラベルバブルは、

マレーシア国内観光業にとって希望の光です。

ペナン州がランカウイに続いて、旅行可能なトラベルバブルの場所に

選ばれることを願っています。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

ペナン島は、マレーシアの北西に浮かぶ島です。

ペナン島の面積は約295万km2です。

シンガポール面積(721万km2)の約40%の面積です。

ペナン島は、『東洋の真珠』と呼ばれ、マレーシアでも屈指のリゾート地です。

ペナン島の中心地のジョージタウンは、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

イギリス植民地時代の建物と、様々の文化融合した独特な町並みを見ることができます。

 

マレーシアの人口比は、

マレー人60% 中華系20% インド人10% 外国人10%

 

一方でペナン島の人口比は

マレー人40% 中華系40% インド人10% 外国人10%

ペナン島では、比較的多くの中華系のマレーシア人が多く住んでいます。

コロナ前は、ペナン島では、日本人の駐在員やご家族、長期滞在者が

約4,000人住んでいると発表されていました。

現在もペナン州には日本人は4,000人いるのでしょうか?

 

 

まとめ:

マレーシアで有名な観光地の1つであるペナン州ですが、

新型コロナウイルスの影響で、現在集中治療室の使用率が97%と発表されました。

またマレーシア政府は、9月16日に野戦病院の建設を発表し

数日後には完成する予定となっています。

 

1日も早く、新型コロナウイルスが終息しペナン州への

旅行が可能になることを願っています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント