ニュース記事要約:マレーシア2月4日以降に再び完全ロックダウンか? (雑感:映画ランボーの教え)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア2月4日以降に再び完全ロックダウンか?

 

ニュース記事:Eurocham Malaysia denies govt mulling full lockdown after Feb 4, urges public to play their role in Covid-19 fight

 

出典:

Eurocham Malaysia denies govt mulling full lockdown after Feb 4, urges public to play their role in Covid-19 fight | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Jan 24 — The EU-Malaysia Chamber of Commerce and Industry (Eurocham Malaysia) today denied that Putrajaya is mulling a complete economic lockdown ...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年1月24日マレーシアユーロ商工会議所のシュナイダー会頭は、

『マレーシア通産省は、2021年2月4日以降にマレーシア政府は完全な経済封鎖を検討していることを否定するべきだ』と発表しました。

 

またシュナイダー会頭は、『マレーシア通産省はコロナウイルスの感染者が低下しない場合、2021年2月4日直後に完全な経済封鎖を発表する』という内容の文章が商工会議所メンバーに流出したと発表した。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

現在、マレーシアの活動制限は、完全なロックダウンではありません。

レストランでの飲食や不要不急の外出が禁止されています。

しかし私の肌感覚ですが、マレーシアの70%-80%の企業は経済活動を行っていると

感じています。会社では、出勤する社員数の制限はありますが、

ほとんどの会社は営業活動を行っています。

 

しかし2021年2月4日以降に『マレーシアで完全なロックダウン』になった場合、

ほとんどの会社では、営業活動ができなくなってしまいます。

生活インフラに関わる企業のみが営業活動を許されます。

これも私の肌感覚ですが、マレーシアの10%-20%の企業のみが、営業活動を許されます。

 

もし本当に2021年2月4日以降に『マレーシアで完全なロックダウン』になった場合、

マレーシア経済は、大きな打撃を受けるでしょう。

失業者が更に増え、マレーシア国内の治安は悪化するでしょう。

 

マレーシアの政治家は判断を迷うところです。

・ロックダウンを施行し感染者を減らし医療破綻を防ぐか?

・ロックダウンをせずにある程度の経済活動を許すか?

どちらにせよ、決断の日は迫ってきています。

 

 

まとめ:

コロナウイルスのとの戦いは長期戦です。

『人は戦場で長期戦となると誤った判断を取りやすくなる』そうです。

人は、苦しい状況が長期的に続くと、ストレスなどから普段選ばないような選択をします。

また不安や経済的苦境から、うつ病やアルコール依存症の患者も急増します。

 

このコロナウイルスは、いつ終息するのかわかりません。

あと半年、もしくは1年後もしくは、それ以上かもしれません。

 

しかし歴史的に見ても、終息しなかった疫病は存在しません。

必ず、このコロナウイルスも終息します。

 

ランボー映画の中では、戦場で大切なことは、『冷静さと現状装備の把握』と言っていました。

この戦いは戦争ではありませんが、ランボーの教えに従って最後まで冷静に戦います!

 

2021年2月4日以降に『マレーシアで完全なロックダウン』となるかもしれません。

しかしもしロックダウンとなった場合も、マレーシア政府の決定を冷静に受け止め、

冷静に行動しましょう!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント