ニュース記事要約:イーオンマレーシア2020年決算数字を発表(雑感:イーオンマレーシアについて)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

イーオンマレーシア2020年決算数字を発表

 

ニュース記事:イーオンマレーシア2020年決算数字を発表

 

出典:

AEON CO. (M) BHD - onenew

 

 

記事の超簡単要約:

2021年2月24日イーオンマレーシアは、2020年度の決算数字を発表しました。

イーオンマレーシアによると、マレーシア政府が2020年3月に発令した

『移動制限令』により、収益が前年比マイナスとなったと発表した。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

私は、現在マレーシアで海外駐在をしています。

昨日、イーオンマレーシアが2020年度の決算数字を発表しました。

(億円)2020年2019年前年比
売上1,0131,135-11%
純利益1027-62%

1リンギット=25円で計算しています。

 

 

2020年度の売上ですが、約1,012億円です。

率直な感想としてイーオンマレーシアの売上が、1,000億円を超えていることに

驚きました。

 

2020年と2019年の売上を比べると、前年度比➖11%です。

2020年と2019年の純利益を比べると、前年度比➖62%です。

 

マレーシアでは、新型コロナウイルスの外出規制により2020年3月中旬から5月中旬まで、完全なロックダウンとなりました。このロックダウン期間、車1台に付き外出できる人数は1名だけでした。また生活に必要な事以外で外出出来ませんでした。

このロックダウン中の約2ヶ月間が、マレーシアの小売業者に与えた影響は計り知れません。

 

その後もマレーシアでは、外出規制が続きイーオンマレーシアだけではなく、

マレーシアのほとんどの会社が減収減益となりました。また多くの会社が破産、撤退しています。

 

そのような中、今回イーオンマレーシアの決算数字を見て驚きました。

2020年の売上は前年度比➖11%で、純利益は➖62%です。

しかし損益は、マイナス計上ではなく約1%の純利益を確保しました。

 

マレーシアでは、昨年から現在にかけて、小売業者が営業を行う場合、政府より厳格なSOP(作業手順書)に従い、店内での感染者拡散防止対策を講じなければなりません。

 

2020年新型コロナウイルスが発症後、他のスーパーマーケットでは、お店への入場制限などは行っていませんでしたが、

イーオンマレーシアでは、入場制限を行い店内の人数を制限してSOPを遵守していました。

 

 

まとめ:

マレーシア2020年は、非常に厳しい経済状況でした。

その状況下で、イーオンマレーシアは、売上に対して約1%の純利益を残しました。

たかが1%と思うかもしれませんが、私はこの1%の純利益にイーオンマレーシアもしくは

イーオングループの強い意思を感じます。

 

イーオングループは、2020年度逆境の経済状況の中、『オンライン販売や配送サービス』

など多くの秘策を打ち出し、見事2020年度経常黒字を達成しました!

 

昔、上司に『どんな状況下でも経営者は必ず利益計上する必要がある。

会社の業績数字は、経営者の意思表示であり、赤字の会社は経営者が赤字を

許した結果にすぎない』と話していました。

 

私は、2020年度黒字経営をしたイーオンマレーシアの経営陣、スタッフの方々を尊敬します!

 

私達家族の週末の買い出しは、イーオンを利用しています。

私がイーオンマレーシアで買物をして素晴らしいと感じるのは、お店の清潔感です。

他の小売店では、商品が煩雑に並べられていて、時には異臭を発しているお店もあります。

しかしイーオンマレーシアでは、『清潔』、『多くの品揃え』、『納得の販売価格』と三拍子揃っています。

 

日本基準のイーオンを、ここマレーシアの地でも利用することができることは有り難いことです!

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント