タクシー運転手の衝撃的な行動!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Now allowed under Phase One recovery : Quarries and mines, cycling around neighbourhood

 

出典:

MOH gives conditional approval to two Covid-19 self-test kits | Malay Mail
KUALA LUMPUR, July 18 — The Health Ministry (MOH) through the Medical Devices Authority (MDA) has released a list of two Covid-19 self-test kits that have recei...

 

記事の超簡単要約:

2021年7月19日マレーシア政府国家安全保障会議(NSC)は、

『本日より特定の産業及びレクリエーション活動においてある程度

規制を緩和する』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

今回の主な規制緩和は、

・採石場と鉱山は60%の人員で操業が可能

・港湾、空港、運送業は24時間で操業が可能

・公務員は40%の人員で操業が可能(以前は20%まで)

・自宅周辺でのサイクリングが可能

 

今回の規制緩和で、私の生活に関わることだと、

『自宅周辺でのサイクリングが可能』になったことぐらいです。

規制緩和のお祝いに、

子供と一緒に公道に出て、子供のサイクリングに付き合いたいと思います。

 

 

まとめ:

ここ数年、マレーシアではサイクリング人口が急激に増えているように感じます。

多くの人がカラフルなウェアに身を包み、尖ったヘルメット着用し、

高速道路の側道を猛スピードで走っています。

正直、車を運転していて、危ないなーと感じることも多々あります。

 

過去、同僚のマレーシア人が運転する車に同乗していた時の話です。

同僚が道路を運転している時、前方に数台の自転車が走っていました。

同僚は、数台のサイクリングしている自転車にクラクションを鳴らし、

『車が優先だ!』と憤っていました。

 

過去、私が街中でジョギングをしている時、

車に何度かひかれそうになったり、クラクションを鳴らされたりしたことが

何度もあります。

 

マレーシアでは、『歩行者優先』などの考え方はありません!

マレーシアでは、『車両優先』です!

 

またマレーシアの街中には、道路工事が中途半端な状態でほったらかしてある

道路や歩道が多くあります。

道路や歩道には、大きな穴が空いていたり、

鉄筋がむき出しになっているので注意が必要です。

 

散歩、ジョギング、サイクリングなどの運動でも注意をしていないと

大怪我に繋がる恐れがあるのでマレーシアの道路では注意が必要です。

 

マレーシアに住む日本人が、たまにマレーシアでは住んでいるだけで疲れると言います。

日本では当たり前の事が、マレーシアでは当たり前ではありません。

この積み重ねが、住んでいるだけで疲れる原因かもしれません。

 

最後にストレスが溜まるマレーシアの出来事を話します。

先日、久しぶりにタクシーに乗りました。

運転手は若い男性でした。

車内は『まあまあの音量』で音楽が流れていました。

私が車に乗って暫くすると、私の携帯電話が鳴りました。

私が携帯電話で話しはじめると、運転手の若い男性が音楽のボリュームを

操作してくれました。

私は心の中で、『音量を下げてくれるのかー』と思いました。

 

しかし運転手の若い男性は、音量を上げました。

その後、若い男性は首を縦に振ってビートを刻み始めました。

私の電話の声が、彼の音楽を邪魔し、彼は音量を上げたのです!

彼の衝撃的な行動に、注意する気にもなりませんでした。

彼の人生に、ストレスと言う言葉はないでしょう!

このような出来事の積み重ねで、

私のストレスと疲れは、溜まっていくのです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント