スクリーニングテストは学校ではなく自宅で行うべき!

マレーシアニュース

ニュース記事:

RTK testing in schools too risky for teachers, says NUTP

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月2日マレーシア教師組合は、

『小学校内で教師が生徒に対して行う新型コロナスクリーニングテストの

実施は、教師を危険にさらします。

スクリーニングテストの実施は、生徒が学校に登校する前に

自宅で保護者によって行われるべきです。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

先週、マレーシア保健省は、

『毎週小学校の生徒の10%に対して、スクリーニングテストを義務付ける』

と発表しました。

 

教師は医療従事者ではありません。

マレーシア教師組合が声明を発表しているように、

私もスクリーニングテストの実施は、生徒が学校に登校する前に

保護者によって行われるべきだと思います。

 

まとめ:

小学校でスクリーニングテストが実施され、

特定生徒の感染が確認された場合、

周りにいた生徒や教師は濃厚接触者となります。

そして学校は長期間休校となるでしょう。

 

また感染者となった生徒の精神的ダメージも相当大きいでしょう。

感染が確認された場合、直ぐに身支度をして学校から自宅へ帰らなければ

なりません。

友達は、あっ『あの子、感染者だ!』気がつくでしょう!

次の日から子供のニックネームが変わっているかもしれません。

私がもし当事者となったら、精神的に立ち直れないでしょう。

 

絶対にスクリーニングテストは、学校内ではなく

登校前に自宅で保護者が行うべきです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント