シンガポール人がジョホールバルで爆買中!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Johor Baru business owners are all smiles with return of Singaporean customers

 

出典:

Johor Baru business owners are all smiles with return of Singaporean customers
JOHOR BARU, May 28 — Like many entrepreneurs in Malaysia, Mohamad Ridwan Mustafa breathed a huge sigh of relief when the country started to transition into the ...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年5月27日記事によると

『2022年4月1日よりシンガポールとジョホールバルの国境が再開しました。

国境再開後にジョホールバルのビジネスは徐々に改善しています。

ジョホールバルの多くの事業家は、

今後3~5ヶ月でパンデミック前の経済状況に戻ると予測しています。』

と述べています。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

記事によるとシンガポールとジョホールバルの国境再開で、

シンガポール人の観光客がジョホールバルで、お金を使っていると報じています。

シンガポール人にとっては、車で国境を渡るだけで、

物価がシンガポールの30%前後になるのだから、

財布の紐は緩みますね。

シンガポール人にとっても、ジョホールバルでの爆買いは

良い息抜きとなっているのでしょう!

 

 

まとめ:

私はパンデミック前、頻繁に車でジョホールバルからシンガポールへ

出張へ行っていました。

橋を渡るだけなのに、国が違うせいかシンガポールに入国途端に、

緊張したのを覚えています。

多分、シンガポール国内では絶対に事故っていないと

心の奥底で考えていたからでしょう。

 

これとは逆に仕事が終わり、

シンガポールからジョホールバルに戻った時の開放感も忘れられません。

マレーシア側のパスポートコントロールを通過したすぐの高速道路では、

開放感からついついスピードを出してしまいました。

当時会社へ送付されるオービス違反切符は、

ジョホールバルの高速道路が大半でした😁。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント