サラワク州2月から3歳~11歳のワクチン接種開始!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Sarawak to vaccinate children aged 3 to 11 from Feb 1

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年1月2日マレーシアサラワク州のヒアム副首相は、

『サラワク州では、2月1日から3歳~11歳の子供達に

新型コロナウイルスのワクチン接種を開始する予定です。

使用するワクチンは、ファイザー製を予定しています。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

3歳~11歳の子供達が、ワクチン接種の有無を

自分の意思で決めることは不可能です。

実際には親の意思によって、子供がワクチン接種するかしないを

決定することになります。

私はワクチン接種には反対ではありません。

しかし成人へのワクチン接種が始まったのは、今から約1年前です。

世界的にも3歳~11歳の子供達へのワクチン接種は、

ほとんどの国で実施されていません。

もう少し他国の情報を集めてから、

3歳~11歳の子供達へのワクチン接種を実施した方が、

良いと考えるのは私だけでしょうか?

 

まとめ:

サラワク州の子供達へのワクチン接種記事を読んでいて、

『親ガチャ』と言う言葉を思い出しました。

『親ガチャ』とは、2021年流行語対象にノミネートされた言葉です。

意味は、子供はどんな親のもとに生まれるかは、

運任せで親の育て方、親の資産、家庭環境によって

子供の人生が大きく左右されることを、

スマホの課金ゲームでアイテムを入手する『ガチャ』に例えた言葉です。

 

親がワクチンを接種していれば、子供にもワクチンを接種させるでしょう。

そう考えると、親がファイザーを接種していれば、

子供にもファイザーをすすめるのでしょうか?

 

一日早く、新型コロナウイルスが終息することを祈ります!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント