コンドミニアムの賃貸価格が下落している!

マレーシアニュース

ニュース記事:

ECA Salary trends report : workers in Malaysia to see 2.8pc re; salary increase in 2022

 

出典:

ECA Salary Trends Report: Workers in Malaysia to see 2.8pc real salary increase in 2022 | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Nov 19 — Employees based in Malaysia are expected to see a real salary increase of 2.8 per cent in 2022, up from a growth of 1.5 per cent this yea...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月19日マレーシアのECAインターナショナル社によると

『2022年マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイなどの東南アジア諸国は、

新型コロナウイルスの終息と共に、経済回復が予測されています。

東南アジア諸国の給料の昇給率は、平均2.8%になることが予測されています。

また世界の実質昇給率は平均0.9%となる予定です。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

私がマレーシアに住んでいて感じることは、

毎年、車の購入価格や食料品価格が上がっているなーと感じています。

車は安全性の向上と共に価格が上がっているのかもしれませんが、

着実に5%前後の価格が上がっています。

また食料品は野菜、肉、たまごなど2-5%など価格が上がっています。

 

まとめ:

マレーシア国内で価格が下落しているもの、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

ずばりコンドミニアムの賃貸価格です。

私はマレーシアに来てから3回引っ越しをしています。

最初の家賃:5,500RM

二軒目の家賃:4,000RM

三軒目の家賃:3,500RM

過去に借りたコンドミニアム3軒全て3LDKです。

場所は全てクアラルンプール市内です。

コンドミニアムのレベルを落としているわけではありません。

理由は色々あるとおもいますが、コンドミニアムは

過剰供給ではないかと感じています。

 

現在もマレーシア国内では、数多くの建設プロジェクトが進行中です。

今後もコンドミニアムが過剰供給となれば、

私のような一般市民でも、

安値で高級コンドミニアムに住むことができるかもしれません。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント