ゲンティン香港、クルーズ事業から撤退!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Report : Genting HK CEP Lim Kok Thay resigns days after filing to wind up cruise business

 

出典:

Report: Genting HK CEO Lim Kok Thay resigns days after filing to wind-up cruise business | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Jan 24 — Genting Hong Kong chairman and CEO Tan Sri Lim Kok Thay has resigned days after the cruise operator filed to wind-up its business in what...

 

記事の超簡単要約:

2022年1月24日記事によると

『クルーズ事業を手掛けるゲンティング香港は、数日以内に事業を清算します。

マレーシアの大手銀行のMaybank、CIMB、RHBは、6億ドル(660億円)の

貸付をしています。

今年中にMaybank、CIMB、RHBは、大きな損失を計上する可能性があります。』

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

新型コロナウイルスが発生してから、約2年が経ちます。

この2年間、ゲンティング香港のクルーズビジネスの収入は、

ほぼ0だったのではないでしょうか。

 

会社は、どんなに赤字でも銀行が資金を提供し、

支え続けてくれば、事業を存続することができます。

現在多くの銀行の融資担当者は、コロナの影響で赤字に転落した企業に対して

いつまで資金援助を続ければよいか判断を迷っていると思います。

銀行の融資担当者の中には、新型コロナウイルスが終息すれば

業績がV字回復すると見込んでいるでしょう。

しかし新型コロナウイルスの終息時期は、誰にも予測できません。

資金援助を止めたら、会社は破産し、貸し付けたお金は不良債権となり

回収不能となります。

非常に難しい判断です。

 

まとめ:

この銀行と企業の関係は、私と子供関係に酷似しています。

我家の家計の支出の大半を占めているのが、子供の教育費です。

塾、ピアノ、水泳、英語など、毎月約3,000RMの出費です。

この習い事支援は、いつまで続ければ良いのでしょうか?

 

もし習い事をやめさせてしまったら、今までの学びが中途半端になるような気がします。

しかし、いつまで私が支援できるかはわかりません。

子供が習い事をしたいと言っている間は、

大きな成長がなくても、

じっーーーと我慢して支援し続けようと思います。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント