イベルメクチン治験結果を再精査する議員!

マレーシアニュース

ニュース記事:

I’ll study findings, says MP who urged use of Ivermectin for Covid treatment

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月3日マレーシア保健局のアブドラ局長は、

『新型コロナウイルスの重度の感染者にイベルメクチンを投与した結果、

標準の治療薬と比較して死亡数の減少に繋がるか確認できませんでした。

現在の保険局のガイドラインでは、新型コロナウイルスの治療薬として、

販売を推奨しません。』と述べました。

 

この発表に対して、

マレーシアPKR党のウィリアムレオン議員は、

『私は、保健局が今回の治験結果をどこから得たのか慎重に精査します。』

と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

このウィリアムレオン議員と数名の議員が、

2021年7月27日に議会で新型コロナウイルス感染に対してイベルメクチンの

使用を呼びかけました。

そしてマレーシア保健局は、治験を開始しました。

しかし残念ながら、マレーシア保健局の発表は、

『新型コロナウイルスの治療薬として推奨しません。』

となったのです。

 

まとめ:

日本では、製薬会社の興和がイベルメクチンの治験を行っています。

主に軽症患者800~1,000人規模で治験を行っているそうです。

 

先進国の日本で、イベルメクチンの良い治験結果が出れば

新型コロナウイルス用の経口薬として使用される可能性があります!

そうなればマレーシアでも再治験をいうことにはならないでしょうか?

とにかく興和の治験結果の発表を待ちたいと思います!

またウィリアムレオン議員の勇気ある言動に感謝します!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント