Maybank株が魅力的な理由!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Anwar smells ‘cover-up’ over unsecured loan to Genting cruise firm

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年2月4日マレーシア野党党首のアンワル氏は、

『クルーズ事業を手掛けていたゲンティン香港は、2022年2月に破産を申請しました。

マレーシア国内の主要銀行のMaybank、CIMB、RHBは、

合計6億ドル(約660億円)を無担保で貸付けており全額が回収不能となります。

ゲンティン香港がこの大型貸付を受けた時、アジズ財務大臣は、

この3つの銀行の内の2つの銀行で重要な役職に就いていました。

アジズ財務大臣は、この無担保ローンに問題なかったと発言しているが、

隠蔽工作の疑いがある。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

主要3銀行で660億円が焦げ付きます。

記事では、どの銀行がいくら貸し付けたかは書いていませんでした。

ちなみに2020年度CIMBの純利益は、約300億円でした。

もし貸付の振り分けが660億円÷3銀行 = 220億円だったら、

この取引でCIMBの利益の大半が吹き飛んでしまいます。

この不良債権の計上は、2022年の決算書で取り扱われることになります。

2022年度のマレーシア国内の主要銀行Maybank、CIMB、RHBの

決算数字は、厳しい数字となりそうです。

 

まとめ:

Maybankは、マレーシア最大の銀行です。

株価は安定しています。

コロナショックで、7.51MYRまで株価を下げましたが

現在は8.26MYRまで株価を戻しています。

そしてMaybankの魅力は、なんといっても配当です!

毎年の配当性向は、70%を超えます。

また配当利回りは、8%前後の驚愕の数字です。

ちなみに私は、CIMB株を少額保有していますが、

CIMBのパフォーマンスの悪さに、売却を検討しています。

Maybankに乗り換える予定です。

配当利回りが8%前後であれば、不動産を持つのと変わらないですね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント