17歳以下はタバコを購入できなくなる!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Khairy : Malaysia plans to ban sales of tobacco and other smoking products to those born after 2005

 

出典:

Khairy: Malaysia plans to ban sale of tobacco and other smoking products to those born after 2005 | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Jan 27 — Malaysia will align its National Strategic Plans for non-communicable diseases (NCDs) and upcoming White Paper on the Future of Healthcar...

 

記事の超簡単要約:

2022年1月27日マレーシア保健省のカイリー大臣は、

『2005年以降に生まれた人々へのタバコやその他の喫煙製品の

販売を禁止する予定です。この法律によって多くの国民へ

良い影響を与えるでしょう。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアの法律では、18歳以上(18歳を含む)人々は、

タバコを吸うことができます。

今回の大臣の発言で、将来的に17歳以下の人々は、

タバコを購入することができなくなります。

 

まとめ:

私がマレーシアに住んでいて感じるのは、マレーシア人の喫煙率の高さです。

私の同僚のマレーシア人の男性の多くは、タバコを吸っています。

また私の家の近所には小さな公園があるのですが、

その公園には、マレー人の中学校前後の子供達がたむろして、

タバコを吸っています。

私の子供は、タバコを吸っている子供と同年代ぐらいなので、

悲しい気持ちになりました。

 

一度、勇気を出してタバコを吸っている子供達へ

片言の英語で注意しましたが、笑顔でかわされてしまいました。

次回は、『警察に通報するぞ』と説教してみようと思います。

 

今回の保健省の決定により、若者の喫煙率が低下することを祈ります。

タバコは、百害あって一利なしです!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント