10月3日より学校再開決定!!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Education minister : Students can choose not to attend school, attendance is regardless of Covid-19 vaccination status

 

出典:

Education minister: Students can choose not to attend school, attendance is regardless of Covid-19 vaccination status | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 12 — Vaccinated or not, all students can attend school, says Education Minister Datuk Radzi Jidin. He said students can choose to continue le...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月12日マレーシア教育省のジュディン大臣は、

『10月3日から学校を再開します。

しかし学校登校できる生徒数は50%に制限します。

また生徒が学校へ通いたくなければ、引き続きオンラインでの授業参加も可能です。

生徒達は、約2年間適切な教育を受けることができていません。

生徒達を学校へ戻すことが最善の選択です。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

遂に学校が始まります。

政府から発表は、

・生徒数を50%に制限する

・オンラインでの授業参加も可能

マレーシア教育省の素晴らしい決定事項だと感じました。

誰もが納得の100点満点の対応だと思います!

 

しかし学校の先生方は、対応が大変そうですね。

登校する生徒とオンラインを同時進行で、授業を進めなくてはなりません。

 

 

まとめ:

先日、アフリカのソマリア出身の方とお話をする機会がありました。

このソマリア出身の方が、私にソマリアの小学校について説明してくれました。

 

ソマリアの農村部での小学校では、一年間の半分6ヶ月間授業を行い、

6ヶ月間は休みとなるそうです。

休暇中の6ヶ月間は、宿題はありません。

 

そして休暇後の6ヶ月間後に、学校に戻ってきた生徒達は、

勉強したことの全てを忘れて学校に戻ってくるそうです。

 

そして前年に6ヶ月間かけて学んだ同じことを、

また6ヶ月間かけて学び直すそうです。

これを6年間続けると話していました。

同じ授業内容を、6年間学ぶそうです!

 

ホントかなーと冗談半分に、ソマリア人の方のソマリア小学校事情を聞いていましたが、

どなたか真相をご存知の方は、是非教えてください。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント