1月1日より外国人旅行者を受け入れ開始!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Malaysia to reopen to international visitors by Jan 1

 

出典:

Malaysia to reopen to international visitors by Jan 1 | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Nov 11 — Malaysia will reopen its borders to international visitors by January 1 at the latest, a government advisory council said on Thursday, as...

 

記事の超簡単要約:

2021年11月11日マレーシア国家復興評議会のムヒディン議長は、

『マレーシアでは遅くとも2022年1月1日までに国境を開放し

海外からの旅行者を受け入れます。

外国人観光客なしでは、観光業の復活は考えられません。

世界中でウイルス感染者数が鈍化しているので、マレーシアでも

積極的に経済活動を再開します。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

今回のムヒディン議長の発言では、

どこ国の旅行者を受け入れるの?隔離は?ワクチン接種者が対象?

などの具体的な発言はありませんでした。

しかしながらマレーシア政府の『観光業立て直し』の

強い意思が感じられます。

 

まとめ:

今年を振り返るとマレーシアでは、

新型コロナウイルス感染者が急増し

2021年1月13日より部分ロックダウンとなり行動が制限され、

2021年6月1日よりロックダウンとなり、

旅行はおろか、州を越えて移動するが禁止となりました。

また2021年8月22日には、新規感染者数が20,000を超えました。

 

現在もマレーシアの日々の感染者数は、5,000名前後と

決して少ない数字ではありません。

 

2021年も残すところ、あと50日となりました。

あと50日で外国人旅行者を受け入れても安全な体制が整えられるかは、

疑問です。

しかしマレーシア政府には、勝算があるのでしょう。

きっとあるはずです。

 

隔離期間なしで、自由に国境を移動できる、

以前はあたりまえだったことが、

1日も早く実現することができるように祈ります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント