首都圏を洪水から守るSmartトンネル!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Flash floods in KL again with cars seen submerged in several roads as Gombak River

Passes ‘danger level’

 

出典:

Flash floods in KL again with cars seen submerged in several roads as Gombak River passes ‘danger level’ (VIDEO) | Malay Mail
KUALA LUMPUR, March 7 — Government authorities have confirmed flash floods in several areas in Klang Valley, especially within the capital city. In a statement,...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年3月7日マレーシア政府の国家災害管理局は、

『3月7日正午過ぎから降り出した大雨の影響で、

マレーシア首都クアラルンプールの中心を流れるゴンバック川の

推移が急上昇し危険なレベルにまで達しました。

また公共バスRapidKLの多くの路線が運行停止となりました。』

と述べました。

 

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

私は、通勤時にSmartトンネルを使用しています。

Smartトンネルは、クアラルンプール中心地から南側郊外へ繋がっている

約10kmの高速道路です。

昨日の大雨で、Smartトンネルが使用禁止となっていました。

 

理由は、首都クアラルンプールで大雨が襲い

突然の大雨でこのSmartトンネルが排水用として使用されたからです。

このSmartトンネルは、なんと3段構造になっています。

昨日のような大雨の時は、Smartトンネルの最下層部分を使用して

クアラルンプール中心地から郊外へ水を排水します。

 

もし排水量が多い場合は、

Smartトンネルの最下層、中層、上部層の全てを使用して

水を排水します。

いつも何気なくSmartトンネルを使用していましたが、

首都圏を洪水被害から守ってくれているのです。

 

まとめ:

昨日の大雨は、凄まじかったです。

夕方、自宅へ帰るために高速道路を走りましたが、

少なくとも30台以上の車が事故や浸水で止まっていました。

道は大渋滞で、自宅まで2時間も掛かりました。

 

マレーシアで車を運転して気がついたことがあります。

それは大雨の際に水が溜まっている場所は、毎回ほぼ同じ場所なのです。

そして水が溜まっている場所に、車が進入し事故や水没し、

車が停車しているのです。

私は、自宅から会社までの道のりで水が溜まる場所を熟知しています。

大雨の時は、その場所を避けて運転しています。

 

また最近では、通勤時に通る道路の凸凹の場所も把握しています。

この凸凹を避けることによって、車のタイヤのパンクを防ぐことができています。

万が一、現在の仕事で食いっぱくれたら、

Grabタクシーとしてデビューするかもしれません!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

 

コメント