首都で麻薬密売人逮捕!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Cops cripple syndicate using luxury condominium unit to store drugs worth RM1.17m in KL

 

出典:

Cops cripple syndicate using luxury condominium unit to store drugs worth RM1.17m in KL | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Oct 22 ― City police have busted a drug trafficking syndicate with drugs worth RM1.17 million after a luxury condominium unit that was converted i...

 

記事の超簡単要約:

2021年10月22日クアラルンプール警察署のチュー副署長は、

『警察は、麻薬密売人の高級コンドミニアムを襲撃し、

末端価格1,170,00RM(3千万円)相当の覚醒剤を押収しました。

押収した覚醒剤は合計で12Kgありました。』

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアは、薬物の売買で逮捕されると終身刑に課せられます。

厳しい刑罰が課せられるにもかかわらず、マレーシアでは薬物関係の

逮捕者が後を絶ちません。

それだけ需要があり、売買から得られる報酬が魅力的なのでしょう。

 

まとめ:

私は気が小さい人間です。

小さな心配事があるだけで、夜眠ることができません。

もし私が法律を犯した場合、絶対に夜眠ることができないでしょう。

 

私は薬物の売買に関わる新聞記事を読む度に、

薬物の売人の姿を勝手に想像しています。

 

どのような事を考えているかというと、

・どういうきっかけで、売人となったのか?

・売人の幼少時代の生活は?

・売人は、安心して夜眠れているのか?

・売人の食生活は?

・売人の毎月の報酬は?

・売人の友達関係や恋愛関係は?

などなど売人の人生に思いを巡らせて、物語を勝手に作っています。

そう考えると、全ての人の人生には映画を作れるような人生の物語があると思います。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント