飲酒後、カタールでの怖い思い出!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Ban late-night alcohol sales, says DPM’s aide

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2023年1月7日マレーシア政府のハミディ副首相は、

『24時間営業のすべての施設で午後10時以降のアルコールの販売を禁止すべきです。

アルコールの深夜販売を禁止すれば、交通事故、喧嘩、犯罪などを防ぐことができ、

多くの家族の幸せを守ることができます。』

と述べました。

 

 

まとめ:

私はマレーシアに駐在しますが、

アルコールの飲酒や購入に困ったことはありません。

マレーシアは、イスラム国家ですが、

現在のところアルコールには柔軟な姿勢を示しています。

 

過去、中東のカタールへ出張した経験がありますが、

一部のホテルでしかアルコールを飲むことができませんでした。

またそのカタールで、一度怖い思いをしました。

 

私は、客先とカタールのホテルで会食しました。

その際、数杯のビールを飲みました。

会食終了後に、客先と別れ、

私が宿泊しているホテルに帰るためにタクシーを拾いました。

タクシー乗車した数分後に、

タクシー運転手が私に、

『あなたはアルコールの匂いがする。

今すぐ、ここで降りてくれ。

もし降りないなら、警察に連れていく。』

と言ったのです。

運転手は、イスラム教徒で、私の口から発するアルコールの匂いに気がついたのでしょう。

私は、過去上司に、戒律の厳しいイスラム教徒は、

アルコールの匂いも嫌がるという言葉を思い出しました。

 

幸いにもタクシーは、街中を走行中だったので、

タクシーから降ろされた後、すぐに別のタクシーを拾うことができました。

 

もしタクシーの中で、私が寝ていたら、

私は多分、警察署へ連行されていたでしょう。

イスラム国家での飲酒は、やはり注意が必要です。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント