電気自動車を半額で購入できた友人!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Malaysia Automotive Association: Extend tax breaks for electric vehicle in Budget 2023

 

 

出典:

Malaysia Automotive Association: Extend tax breaks for electric vehicle in Budget 2023
KUALA LUMPUR, Sept 18 — Automotive players are hoping for an extension of tax breaks for electric vehicles (EVs) in the upcoming Budget 2023. Malaysia Automotiv...

 

記事の超簡単要約:

2022年9月18日マレーシア自動車協会のアフマド会長は、

『2022年のマレーシア国家予算案では、

2023年12月31日までEV車(電気自動車)の輸入税、道路税が免除となっています。

来月初旬に発表される予定の

2023年のマレーシア国家予算案では、

最大10年間の輸入税、道路税が免除となることを願っています。』

と述べました。

 

まとめ:

マレーシアでは、政府支援の補助金制度があるので、

1リットルあたりのレギュラーガソリンの価格は2.05RM(60円)です。

燃料価格が安いので、電気自動車の普及に時間がかかるでしょう。

 

ちなみ2021年のマレーシア国内の乗用車の合計販売台数は、

508,911台です。

そのうち電気自動車の販売台数は、わずか274台でした。

 

先日、学生時代の友人と電話で話す機会がありました。

友人は、日産の電気自動車『サクラ』の購入を決断したそうです。

理由は、ずばり補助金です。

サクラの車体価格は、約250万円です。

東京都に住んでいる友人は、

東京都の補助金、国の補助金、エコカー減税の合計で、

約120万円の補助金を得ました!

250万円の車を

250万円➖120万円 = 130万円で購入できたと話していました!

 

日本のように手厚い補助金制度があれば、

マレーシアでも電気自動車が爆発的に売れるでしょう!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント