隣国は2ヶ月で新規感染者➖96%減少!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Health Ministry :  Daily covid-19 cases continue downward trajectory in Malaysia, falling to 14,345 today.

 

出典:

Health Ministry: Daily Covid-19 cases continue downward trajectory in Malaysia, falling to 14,345 today | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 20 — The Ministry of Health logged 14,345 daily Covid-19 cases today, in a continuing downward trend of new infections that began on Septembe...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年9月20日マレーシア保健省は定例記者会見で、

『9月11日から新型コロナウイルスの感染者は減少傾向にあります。

昨日の新規感染者数は、14,345人でした。

また新規感染者の98.5%はカテゴリー1,2に属する軽症患者で

1.5%がカテゴリー3,4,5に属する重篤患者でした。

保健省は今後も新規感染者が減少すると予測しています。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアでは8月26日の新規感染者数24,599人を記録しました。

昨日の新規感染者数14,345人です。

約1ヶ月間で、➖42%の減少となりました。

このまま減少の一途を辿ることを期待します。

 

お隣の国インドネシアでは、7月16日に新規感染者数56,757人を記録しました。

昨日の新規感染者数2,234人です。

約2ヶ月で、➖96%の減少となりました。

インドネシアでは、何が起きているのでしょうか?

何故、お隣の国インドネシアでは新規感染者を劇的に減少させることが

できているのでしょうか?

新聞等のメディアのニュースでは、インドネシアのワクチン接種率は、

20%前後と伝えています。

マレーシア政府には、是非インドネシア政府から

新規感染者の削減対策を学んで欲しいと思います。

 

 

そして心配な国がシンガポールです。

先月8月20日の新規感染者数は僅か40人でした。

ワクチン接種が進み集団免疫を獲得したと考えられていたシンガポールですが、

昨日9月20日の新規感染者数は、なんと1,012人を記録しました。

用意周到なシンガポール人が、気の緩みから感染対策を怠ったとは

考えられません。

やはりデルタ株などの新株が、感染拡大の原因でしょうか?

どなたかシンガポール感染拡大の原因をご存知の方は教えてください。

 

まとめ:

東南アジア諸国は、未だに新型コロナウイルスに翻弄されています。

しかし欧米諸国のデンマークやスウェーデンなどの国では、

『新型コロナウイルスは、これ以上社会に重大な脅威は与えない』

既に新型コロナウイルスの制限を完全に解除しました。

 

マレーシアは、新型コロナウイルスに対する勝利宣言は

いつになるのでしょうか?

隣国のインドネシアの例があるので、

もしかしたら来月には、新規感染者が激減している可能性があるかもしれません!

1日も早く新型コロナウイルスが終息することを祈ります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント