隔離なしで海外へ行くことができる日が近い!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Ministre : Govt has identified several countries to form travel bubbles once border opens

 

出典:

Minister: Govt has identified several countries to form travel bubbles once border opens | Malay Mail
KOTA KINABALU, April 22 — Tourism, Arts and Culture Minister Datuk Seri Nancy Shukri today said that apart from Singapore, Malaysia has identified other countri...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年4月20日マレーシア観光芸術大臣のナンシー氏は、

『マレーシアの国境が開かれた後、数カ国の国と旅行者が隔離機関なしで

往来できるトラベルバブルに合意する予定である』と述べました。

 

またナンシー氏は、『現在、マレーシア政府は数カ国の国とトラベルバブルについて

協議を行っており、マレーシア側の作業手順は準備が整っている』と述べました。

 

トラベルバブルとは?

国が協定を結び、隔離期間なしで国の往来を認めること

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

新聞記事によると、この新型コロナウイルスの影響によるマレーシア観光業の

損失額は約2.6兆円です。

新型コロナウイルスが与えた損害は、観光業だけではありません。

しかし観光業のダメージは、他の産業と比べて比較になりません。

 

まずは、マレーシアの国境が開かれなければ、旅行者は国をまたいでの

移動はでいません。

しかし一度、国境が開かれれば、比較的早いスピードで多くの人々が海外への移動を

開始するかもしれません。

 

 

まとめ:

私は新型コロナウイルス発生前、昼食は外で済ませていました。

マレーシアでは、フードコートが充実しているので、

毎日、マレー料理、インド料理、中華など、多種多様な料理を

低価格で食べることができます。

 

しかし最近では、人との接触を避ける理由で会社へ弁当を持参しています。

弁当は、自分で前の晩に作っています。

妻は、弁当を作ってくれるといいますが、平日の夜は、

暇なので自分で弁当を作っています。

 

最初は、弁当のメインおかずは、『卵焼き』のみでしたが、

最近では、ハンバーグや唐揚げなど、本格的なおかずを弁当に入れています。

下記写真が、本日の弁当です。

 

見栄えは、あまり良くありませんが、味は、まずまずです。

そもそも自分で弁当を作っているのですから、文句の言いようがありません。

弁当を食べた後は、事務所のトイレで弁当箱を洗っています。

 

私が学生時代、母親が毎日弁当を作ってくれました。

私は、学生時代、特に母親に対して、弁当を作ってくれたことに

感謝をしていませんでした。

 

しかし新型コロナウイルスが発生し、

自分で弁当を作ることとなり、

弁当箱をトイレで洗っていて、

頭に浮かんだことは、

自分は何故、学生時代、自分で食べた弁当箱を洗いもせず、

また母親に感謝の言葉も伝えずに、

毎日弁当を食べ続けることができたのだろう、と思いました。

今思い返すと、本当に情けないです。

 

次回は、いつ母親の弁当や料理が食べられるかわかりません。

もしマレーシアと日本がトラベルバブルに合意すれば、

すぐに日本へ帰国して、母親の料理が食べたいです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント