部下を奴隷のように扱う日本人駐在員上司!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Police : 16 Malaysians duped by fake job offers in Cambodia rescued

 

出典:

Police: 16 Malaysians duped by fake job offers in Cambodia rescued | Malay Mail
KUALA LUMPUR, April 9 — The Royal Malaysian Police (PDRM) have successfully saved 16 Malaysians in Preah Sihanouk province, Cambodia who were allegedly duped by...

 

記事の超簡単要約:

2022年4月9日マレーシア王立警察は記者会見で、

『求人情報で騙されたマレーシア人の16人は、

カンボジアで救助しました。

騙された16人は、フェイスブックを通じて求人情報を入手しました。

フェイスブックの求人情報は、高給で就労条件は非常に良いものでした。

しかし16人が、カンボジアに到着すると、

雇用主はマレーシア人のパスポートを没収し

厳重な管理下の元、労働を強要しました。』と述べました。

 

この記事に関して大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシア国内で求人情報と就労条件の違いが警察に通報された場合、

間違いなく従業員はマレーシア労働法により守られ、

雇用主は多額の罰金を支払うことになります。

しかしマレーシア人が海外で就労する場合は、

マレーシア労働法の適用をすることは難しいでしょう。

 

まとめ:

マレーシアで仕事をしていると、

駐在員の上司と部下の間で、トラブルの話を良く耳にします。

日系駐在員事務所の日本人駐在員数は、2名~5名程度の会社がほとんどです。

少ない日本人の中、駐在員事務所の中では、上司が絶対的な権力を持っています。

上司と部下の反りが合わない場合、部下は不遇の時間を過ごすことになります。

 

上司が部下のパスポートを取り上げることはありませんが、

上司が部下の自由を奪い、部下を奴隷のように扱っていることを見たことがあります。

こういう上司を見ると、情けなくなると同時に

悲しい気持ちになります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント