運転免許更新時の検査実施は必要?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Should Malaysia consider special driving licence rules for seniors?

Here’s a look at some countries’ requirements.

 

出典:

Should Malaysia consider special driving licence rules for seniors? Here’s a look at some countries’ requirements | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 26 — On Friday, Bukit Aman Traffic Investigation and Enforcement Department director Datuk Azisman Alias called for Malaysian regulations t...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月25日マレーシア交通調査執行局のエリアス局長は、

『マレーシアでは運転免許証を更新する前に視力検査等は実施していません。

高齢者が運転免許証を更新する際に、何らかの検査を実施することを検討しています。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

私も数年前に、マレーシアで運転免許を更新した経験があります。

その際は、視力検査などの身体検査はありませんでした。

更新料を納付して、約10分で申請手続きが終了したことを覚えています。

 

多くの先進国では、65歳~70歳以上の方が運転免許を更新する際に、

視力検査、健康診断が実施されています。

また一定の年齢に達すると運転免許の更新期間が5年間から2年間に短くなっています。

マレーシアも先進国に習い、高齢者が免許を更新する際は

視力検査や健康診断が必要となる可能性があります。

 

まとめ:

マレーシアでは、Grabタクシーが利用できるので街中を流している

通常のタクシーを利用する機会がなくなりました。

マレーシアの一般的なタクシーのイメージは、

・車が古い

・運転手の年齢層が高い

・料金を交渉しなければならない

・ぼったくりが多い

などマイナスのイメージが多く、私はなるべく一般的なタクシーを利用するのを

避けていました。

 

しかしGrabタクシーは、

・車が新しい

・運転手の年齢層が若い

・明朗会計  

などなど利点が多く、

もはやマレーシアでは一般的なタクシーを利用する必要がなくなったと

言っても過言ではありません。

 

利点の多いGrabタクシーですが、

私が一点だけ、Grabタクシーの運転手の方に物申したいのは、

運転中にスマートフォンをいじり倒すことです。

Grabタクシーの運転手は、次の顧客を獲得するために

常にスマートフォンに注意を払ってなければなりません。

 

先日利用したGrabタクシーの運転手は、3台のスマートフォンを

運転中にいじり倒していたので、乗車中に何度も何度も危ない目に遭遇しました。

私が運転手へ『危ないので運転に集中してくれ』とお願いすると

『ノー プロブレム』と軽い返事が返ってきました。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント